極端な話、ガラケー1台あれば稼げるんですから。

以前にも同じようなレポートを紹介したかな?

でも、これは本当に
お得に仕入れができるので、
内容が被っていようが何度だって紹介します。

少なくとも来年までは
カード仕入れをするならコレ一択でしょう。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

ラッタです。

今年に入って、毎朝4時から
50分ほどウォーキングをするようになりました。

(完全夜行性のため、
帰ってシャワー浴びてから寝て、
昼の2時頃に起きる生活なので
これが健康にいいかどうかは謎ですw)

 

で、そのとき、腕に
ガーミンのvivofit4を巻いて行くんですが、

 

そういえばあれって
どうやって歩数を計ってるんだろう?

万歩計みたいに振ってもカウントされない
自転車に乗ってるときもカウントされない
歩いてるor走ってるときだけカウントされる

 

よくできてるなぁ・・・。

 

これ書き終わったら
どういう仕組みなのか、調べてみようっと。

 

 

さてさて。

 

前回のメルマガで、
「今こそ原点回帰しようぜ!」
ということを書きました。

 

理由はただ1つで、手堅いから。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

今から10年前、
「せどりの眼」なる教材があったことを
あなたはご存知ですか?

せどりという稼ぎ方が少しずつ
一般の人に知られてきた黎明期に作られた
古本せどり&中古CDせどりの教材です。

(今はもう販売停止しています)

 

・携帯電話(ガラケー)が主流の時代
・バーコードリーダーなんてない
・モノレートなんてない
・携帯チェッカーのサイトで手打ち検索
・しかも手打ち検索用のサイトは月額料金を払って利用

この時期のせどらーの環境は
なかなか不便なものでした。

 

 

それから3年半後。
僕が参入した2013年秋には、

・スマホが普及
・バーコードリーダーが普及
・「せどりすと」が普及
・Amashow(現モノレート)が普及
・価格自動改定ツールが普及

・・・と、
かなり稼ぎやすい環境になっていました。

 

 

ただし、
稼ぎやすい環境になったといっても、

基本的な仕入れのノウハウは
3年半前の「せどりの眼」の頃から
ほとんど変わってませんでした。

 

スマホもツールもない。
そんな時代に作られたノウハウに、

ツールを併用して、もっと稼ぎやすくする。

それが、
せどりを始めた頃の僕の「やり口」。

 

 

そして2020年。

 

10年前に作られたノウハウを、
あいも変わらず実践し、

月2〜3回の店舗仕入れと、
ちょこちょこネット仕入れをするだけで、
毎月20〜30万円ほど稼いでいます。

(これはせどりだけの利益で、
余った時間で他のビジネスに集中できてます)

 

 

僕自身、それなりに実践歴も長いので、
いろんなジャンルのせどりが

現れ、
流行し、
そして消えていくのを見てきました。

 

10年前のノウハウを、
10年前と同じやり方でずーっと稼ぎ続けられている、
せどりのジャンルはかなり少ないです。

Amazon規約変更やメーカー規制次第で、
また、あるツールが使えなくなっただけで、
あっという間に稼げなくなるジャンルばかり。

 

 

そんな中、ずーっと最前線で、

他にどのジャンルが
流行ろうが廃ろうがお構いなしに
多くの人たちを実際に稼がせてきたジャンル。

それが、本やCDをはじめとした、
中古せどりです。

 

 

Amazon様のご機嫌ひとつで、
とても優秀なツールが
あっけなく使えなくなってしまう時代。

中古せどりみたいな手堅い手法って
絶対に押さえておいた方がいいと思うんです。

極端な話、ガラケー1台あれば稼げるんですから。

 

それが「原点回帰しようぜ!」です。
(ここさえ踏まえておけば、
他ジャンルにも応用が効きやすいですし)

 

 

あなたが
〜〜〜〜〜
今やってるせどりは「手堅い」ですか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

モノレートが使えなくなるのはすごい残念だけど、

それを省みる
いい機会ではあるかもしれませんね。

 

 

ではでは。

 

ガーミンの仕組みを調べてきます。笑

よい休日を!

 

 

■おすすめ無料レポート

「原点」の部分をしっかりと踏まえていれば、

仕入れジャンルも販路も関係なく
何でも好きなように扱って利益を出せます。

モノレートなしでここまで稼げるなんて
ちょっと希望が見えてきませんか?

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ