どーも、ラッタです。

以前僕がレポートで書いたこの手法。

これをやると自然にCDが余りますよね?

 

この余ったCDは、利益も取れないし、
別にゴミとして捨ててもいいのですが
僕はブックオフに仕入れに行った際、
ついでに買い取ってもらってます。

捨てるのも何だかんだ面倒だし、
捨てるよりよっぽどエコだと思うし、
小額とはいえ電車賃くらいにはなるので。
(100枚で1000円弱+ポイント)

 

ただ、先日ですね、
ちょっと驚いたことがあって、

ふだんはあまり行かない都内の
ブックオフ某店に不要CDを持ち込んだら

 

店員さんに、
「未開封CDは買い取れませんが
今回お売り頂くCDの中に未開封はありませんか?」
ってことを聞かれたんですよね。

(当然全部開封済みだったので、
モノは買い取ってもらえましたが・・・)

 

・・・てことは・・・あれ?

 

もうブックオフって
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
未開封CD仕入れられないの??
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

少し焦りつつ、売り場を見渡してみたら
普通に置いてました、未開封・・・。汗

値札のシーズンカラーも堂々の青。
(最近買い取られたことが分かります)

 

なんだろう。
超最近に施策された買取基準なのかな?
これは要調査ですね。

 

その日は一日中かけて
5店舗のブックオフを巡ったのですが、
どの店舗でも普通に未開封CDを仕入れられました。

ただ、「未開封CDは買い取れません」
と言われたのは、少しひっかかります。

 

とりあえず店舗によって違うらしいので
不要品をお店に売りにいっちゃうのが、
リサーチとしては手っ取り早そうですね。

ご参考までにです。

 

・・・って、

今回の記事、新規の読者さんはとくに、

冒頭の『この手法』のくだりで既に、
「え?何?どの手法?」ってなりそう。汗

えーと・・・この手法です。

 

CDせどりをやる上で、
『絶対に知っておいた方がイイ』
ことを書いたものなのですが、
(コアなCDせどらーさんからも好評のレポートです)

とくにエイベッ◯ス系のCDを扱うとき
ココ押さえておかないと
要らんクレームを貰いかねないので。
それを回避するためにも目をとおしておいてイイと思います。

⇒レポートの覗き見はコチラから

 

ではでは、
調査の進捗あり次第、またご報告します。

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ