そろそろ出品作業のスタッフさん雇おうかな。。。

「この商品、利益出やすいですよ!」
と教えてくれる諜報員のようなサイト。

誰もが一度は見たことがあるはずですが、
上手に「せどらー視点」で
活用できている人は意外に少ない気がします。

→ 無料レポートの詳細はこちらから

 

ーーー

 

昨日、一昨日は久しぶり
ガッツリと仕入れをしてきました。

 

300枚くらい・・・。

 

仕入れて持って帰ったときまでは
ウハウハ気分でハイテンションなんですが

いざ積み上げた商品を
これから出品するぞ!となると
やはりゲンナリするのが正直なところ。

 

「仕入れたものが売れなきゃ意味ない」
「在庫が売れるまでは
仕入れじゃなくってただのお買い物」

そんなことを日ごろ口にしてはいますが、
CDの山を前にして戦慄しております。

 

 

まあ、、もっとも、

基本僕の机の左側は常にこうなってます。

気が向いたときにこの山を削りながら
ぼちぼち出品してる感じです。

♪いつもより眺めがいい左に少し戸惑ってるよ
(出典:マッキー)

みたいになることはここ5年間ありません。

 

だからもし、何かの間違いで、
財布の中身や口座の中身がカラッポになっても

机の上に常に
札束を積んでいるようなものなので
そんなに焦らなくてもいいわけです。

 

 

・・・とはいっても、
この山プラス300枚のCDが待機してるんだから、

さすがにそろそろ
ガチって出品作業しようと思います。汗

 

いくらCDがコンパクトサイズだと言っても
100枚あれば10キロ。300枚で30キロです。

数集まればそれなりに部屋も狭くなるし、
そっちの意味で余裕こいてる場合じゃないなと。。。

 

 

ところで、

同じ商品を出品している
ライバルのチェックってしますよね。

 

悪い評価(☆1とか2とか)を貰う出品者は
やはり「梱包が雑だった」とか、
「コンディションに表記しているよりも
商品の状態が悪かった」とかいう

コメントを貰っていることが多い。
当たり前といえば当たり前なんだけど。

 

僕たちせどりを業としている人間にとって
仕事の大半は「仕入れ」と考えてしまいがち。

仕入れは売り上げを左右する
最大のキモとなる作業ですし否定はしません。

 

でも、その商品を購入するお客にとっては
僕らの売り上げだとか、
ましてどこで仕入れたか?なんてどーでもいい。

 

「綺麗な商品が無事、届くのかどうか?」

それだけが大事なんですね。

 

 

僕はせどりは「卸し業」であると同時に、
「クリーニング業」「接客業」であると
思ってます。

しっかりとクリーニングして梱包して、
お客に最高の満足を感じてもらう。

ここまでやってはじめて「せどり」。

 

お客から低い評価ばかりをもらうようじゃ
どんなに優れた仕入れができても、
その人をプロとは呼べませんよね。

 

つまりどういうことかって?

 

「今からしっかり検品作業しますよ!」
という意思表明です・・・

 

ではでは。汗

 

 

■おすすめ無料レポート

いまだに世間では
「副業NG」と言ってる頭の固い会社がたくさんあります。

(僕が勤めていた会社は、

「うちは給料低いし、そのことに責任も取りたくない。
だから副業やっても別にいいよ」

みたいな良いんだか悪いんだか分からない会社でしたが笑)

会社にバレないように
快適なせどりライフを送るため、
最低限これは心がけておきましょう。

→ 無料レポートの詳細はこちらから

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ