せどり界のエルヴィス・プレスリー!

CDせどりをやってるくらいなので
「何を今さら」かもですが、

僕、音楽が好きなんです。

先日いつものように、こんなCDを、
980円で仕入れて6680円で売りましたが、

売れた金額よりも
「うわー!こんなアーティストが!」
なんてところに感動してました。笑

(まあこの程度の利益率、
CDやってりゃ珍しくも何ともないので)

 

音楽ならJ-POPも聴くしROCKも聴くし、
JAZZからCLASSIC、現代音楽まで、
演歌以外なら大抵なんでも聴きます。

こういう話をすると、
「お前には”こだわり”がないのか?」
と思われる方もいるかもしれません。

 

いや。あるんですよ。明確にあります。

「こういう音楽じゃないと嫌だ」って定義が。

 

 

ずばり「ルーツを感じられる音楽」です。

 

ルーツを感じられる音楽が好きだし、

ルーツを感じられない音楽は、
どんなに素晴らしい演奏とか
メロディを聴かせられてもピンときません。

 

Official髭男dismは
演奏を聴いていて背景にスティービー・ワンダーが浮かぶから好きだし

SEKAI NO OWARIは
本人らが学生の頃流行ってたJ-POPくらいしか聴いてなさそうだから嫌い。
(ファンの人いたらゴメン!
あくまで僕の偏見にまみれた主観です)

そんな感じです。

 

 

僕がこうなってしまったきっかけは14歳の夏。

中学2年生でゆずの「夏色」を聴いてから
音楽にのめり込むようになりました。

 

で、

ゆずの悠仁がジョン・レノン好きということで
「ジョンの魂」を聴くようになって、

そこから洋楽を聴くようになりました。

 

そして「ジョン・レノンを聴くからには」
ということでビートルズを聴くようになり

同年代に活躍していた
ローリング・ストーンズやビーチボーイズも聴き始めて、

今度はビートルズに影響を受けたバンド
ということでオアシスを聴くようになり、、、

 

 

一方、ゆずの厚ちゃんは
信者を公言するほどの長渕剛ファンなので
長渕を聴くようになってハマって、

そしたら長渕に影響を受けたミュージシャン、
または、長渕本人が影響を受けたミュージシャン、、
初期長渕の主戦場だったフォーク、ニューミュージック、、、

と邦楽方面も、洋楽と同時進行で
ルーツを辿る旅に出ていくことになります。

 

 

僕のこの「ルーツにこだわる」って嗜好は、
映画とか漫画とかアニメとかお笑いとか
だいたい全てのものに適応されます。

(たとえばエヴァンゲリオンが好きなのも
庵野秀明の背景に宮崎駿や高畑勲という
ジブリ的なルーツを感じられるからです)

 

創作物だけに限らず、

美味しいハンバーグを食べた日なんかは
「ハンバーグって誰が最初に考えたんだろう?」
とか家に帰ってからググるなんてしょっちゅうです。

 

 

で、ですね。

こうやってルーツを辿ってくクセがあると
いいことあるのですよ。

 

ROCKの話でいえば、

パンクだろうとメタルだろうとプログレだろうと、

 

「乱暴に突き詰めれば全部、
エルヴィス・プレスリーのパクリだよね」

っていうのが見えてきます。

 

誤解を承知で言えば、
「ROCKが分かる!」んですよ。

 

(本当はプレスリー(ROCK)からもっと潜って
チャーリー・パットンとかロバート・ジョンソン、
果てはバッハまでいきたいんですが、

あまりに趣味の話になるんでやめときます笑)

 

 

エルヴィス・プレスリーの時点で、

・ギタートリオ(ギターとベースとドラム)
・ボーカルを聴かせる
・ラジオなど大型メディアを通して作品を普及させる
・音源を聴いてもらいライブに足を運ばせるという戦略
・破壊と衝動と革命と発明

といった「ROCKとはなんぞや?」に答える
「基盤」の部分は完成されてるんですね。

 

この基盤の上に、

・さらにパート楽器を増やす
・歌詞のメッセージ性を強調
・ギターをボーカルと並ぶ主役級のパートとして配置
・ボーカルを引いて別の主役パートをin
・クラシックやジャズなど畑の異なる音楽との融合
・各パートの特徴を踏襲した上で別の楽器に置き換える
・Aメロ、Bメロ、サビと小節ごとに役割をもたせる
・全く新しい解釈とサウンドメイキングを施しボカロに歌ってもらう

などなど、、

 

基盤に対する「オプション」として
何かしらの要素を差し引きすることで
様々なROCKのジャンルに派生させてきたわけです。

要は全てのジャンルのルーツを掴もうと
エルヴィス・プレスリーまで遡ったなら
逆向きに全てのジャンルに「繋げる」こともできるんですね。

 

 

さて。

前置きがバカ長くてすみません!
(だから音楽の話するのは危険なんだ・・・)

これは、せどりの場合も同じなんですよ。

 

「せどり界のプレスリー」を
押さえることができたら

CD、DVD、家電、おもちゃ、ヘルビ、ポイント、、

なんでもいけちゃうようになります。

 

・店舗内での立ち回り方
・電脳せどりへの横展開のさせ方
・在庫の管理と回転のさせ方
・万が一のトラブル時の対応
・価格調整の機微
・収支の計算とリスク管理
・モノレートの正しい見方と対応策
・端的にせどりで「確実に」稼ぐ

 

これらを全てのジャンルに
適宜、応用させることができます。

そりゃそうです。
全てのジャンルの基盤なんだから。

これで稼げる人は、
他のどのジャンルやっても稼げます。

 

しかも仕入れが安いし利益率高いので
リスク知らず負け知らずなジャンルです。

 

 

「じゃあ、そのせどり界の
エルヴィス・プレスリーって何よ?」

 

・・・またまた〜。

もう気づいてるでしょ?

 

このジャンルです。

 

この「せどり界のプレスリー」から始めて
笑えるくらいの金額を稼げるようになり、

そのエッセンスを取り入れ活かしながら
さらに大きな金額を稼げるようになった。

そういう人、めちゃくちゃ多いです。

 

 

で、

これは僕にしかできないと思うんだけど、

こんな鬼みたいなジャンルに

鬼に金棒、、、

じゃなくて、鬼にマシンガンを渡しちゃいました。

 

っていうのがこのコラボ企画です。

→ はがねプロジェクト

 

※今日から3日以内に参加してくれた方には、
サポートの期間を無期限に変更&僕の直通LINE IDも教えます。

(昨日までにすでに参加してくれてる方は
もちろん対象なので、このまま僕のことを使い倒して頂ければです)

 

はっきり言って、
このコラボ企画に参加していれば

誰かのコンサル受けたり
教材買ったり今後2度としなくても
あっさり稼げるようになります。

だって、現役で稼ぎ続けてる
本せどりのプロとCDせどりのプロ。
その手法が100%ずつ入ってるんだから。

 

そんなわけで、あなたもこの機会に、
「ルーツからせどりのすべてを極める!」な、
2020年度を始めてみてはいかがでしょうか?

→ はがねプロジェクト

 

では!

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ