中古せどりで稼ぐための2つの条件

半分以上は遊び感覚ですけど、
実は僕、新品雑誌のせどりもよくやってます。

遊び感覚のわりには、
そういえば今まで失敗したことありません。

仕入れ値の10倍以上で売れる程度なら
確かに今まで何度か経験してますし、
実際、この辺のジャンルの雑誌はかなり打率が高いと思います。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

溜まりに溜まっていた中古CDの出品作業。
ようやく本日、完パケしました。

仕入れたCDを味見(試聴)しながら、
のびのびとストレスなく出品してたんだけど
この爽快な「やりきった感」はいいですね。

 

「どれだけ高額に化ける商品を仕入れても
それを実際に販売するまでは”お買い物”でしかない」

なんてことを自分自身で言ってるくせに
ついつい後回しにしてしまう出品作業。

 

反省です・・・。汗

 

 

こんな具合に、

中古せどりのデメリットの一つとして、
今回僕が陥ったような
「出品作業に結構時間がかかる」があります。

これが嫌だからという理由で、
新品オンリーのせどりをやる人がいるくらい
中古の出品(≒検品)はそこそこダルい。

 

ただし、これまた一長一短で、
とくに資金が少ない段階で
ゴリゴリに新品せどりを実践すると

仕入れ単価の高さとか利益率の低さとか、

それらのせいで起こる
”早く売れなきゃ不安になる現象”を味わい続ける。
それはそれでダルいでしょう。

 

利益率”だけ”を盲目的に重視することも、
回転率”だけ”を盲目的に重視することも
資金ショートへのコキュートスですからね。

時間がかかり過ぎるか
お金がかかり過ぎるか?的な意味で。

 

 

やっぱり、バランス良くやった方がいい。

 

そのバランサーとして、
最も分かりやすい基準が、
「新品を扱う」「中古を扱う」の配分具合だと思います。

(この辺のバランスの話については、
以前メルマガにも書いたことがあります。

まだ読んだことがないって場合は、
軽く目を通して頂けたらと。
今日の内容よりも大事なこと書いてますので。笑)

悟空1人で戦ってたらベジータやフリーザに勝てなかった。

 

そうやって資金面で
普段からバランスを取っていないと、

売れれば爆益だけど、
回転はよろしくないみたいな

こういうCDがたとえば3万円で売られてたとき、
仕入れるかどうか躊躇してしまいます。

 

もちろん、仕入れる商品が全部
売れるまで時間がかかるとか
売れないか微妙なものになるなんてのは、

せどらーとして、完全に失格です。

 

・利益が取れる確信があるモノ”だけ”抜く

これは新品だろうと中古だろうと大前提。

 

でも、現実問題、
ランキングが悪い商品に限って、
ズシンと響く利益を運んでくれるものですし、
(ランキング悪いって理由でライバルも増えづらいですし)

「売れるかどうか分からない商品だけど、
仕入れてしまえー!おりゃー!!」と
アクセル踏める人が稼げる人だったりします。

 

 

これをやるためには、

やっぱり日頃の仕入れや出品作業を通して
「如何に健全な在庫を構築していくか」
に、かかってきますよね?

 

「如何に余剰資金を増やせるか」
と言い換えることも出来る。

「いざというときの勝負」っていうのは
余剰資金の範囲内でやるべきものですから。

 

 

・健全な在庫
・勝負ができる余裕

この2つがせどりで稼ぐための条件です。

 

そんなこんなで、
マッチョな在庫作りを目指してもらえたらと思います。

 

ではでは。

 

 

■おすすめ無料レポート

これは本当、今のこの時期ならではですね。
文句なしに仕入れとして狙い目。

誰も損しないし自分はお金稼げるし、
まさに世界平和って感じのジャンルです。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ