CDせどりで挫折したくないならJ-POPから見るな!

「1%のせどらーしか知らない」
は、さすがに言い過ぎだと思います。

だけど、ここまで絞って
モノレートを見ることができる人が
意外と少ないのも事実。

ランキンググラフと最安値しか見ないと
痛い目に合いかねません。

 

見るならここまでしっかりと、ですね。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

たしかあれは2012年の夏。

せどりを始める前の年だったと記憶しています。

 

僕は生まれて初めて登山をしました。

病気が治り始めていた時期で、
友人が気晴らしのためにと
僕を山登りに誘ってくれたのです。

 

 

せどりを始める前で、
お財布の中身がすっからかんだった僕は

近所の激安スーパーで売っていた

・980円のランニングシューズ
・500円の薄手で派手な色合いのポンチョ
・お年寄りの人がふだん使うような1000円の杖

これらのアイテムを意気揚々と身に纏い、
人生初の登山にチャレンジ。

 

今になって思えば、山なめすぎです。

 

・・・しかも、
生まれて初めて登った山は富士山でした。

 

 

5合目から頂上を目指す険しい山道の中、

・980円の靴は一瞬ですり減って底に穴が空く
・500円のポンチョは風を通しまくってめちゃ寒い
・1000円の杖は「ないよりはマシ」程度に僕の体を支えるだけ

一応、頂上まで登ることに成功し、
無事生還できた僕を待っていたのは、

3日間、寝返り打てないとか階段登れないとか
そういうレベルの筋肉痛に苦しむ生活でした。笑

 

今でも富士山を見ると、軽く震えます・・・。
(どう考えてもお前が悪いんだけどな!)

 

 

さて。

前回の続きをば。

呼吸も整理整頓もせどりの仕入れも全部一緒。

 

前回は、

「せどりと整理整頓は一緒。
要るもの(利益商品)と
要らないもの(ダメ商品)」を

区別して「分ける」ことが
まずは大事だってお話をしましたね。

 

まあ要するに、結論だけ見れば、
「全頭調査した方がいいよ」
って話になっちゃうんだけど、

この整理整頓の感覚があるとないとでは、
リサーチの精度が全く違ってくるので。

 

 

とはいえ、

ただ闇雲に膨大にあるCDの数々を
端っこから行儀よくリサーチしていたら、
あっという間に日が暮れてしまいます。

ってか、日が暮れてから、
そのまま夜が明けて、朝になっても
たぶんまだ終わらないでしょう。

 

僕自身せどり歴もいいかげん長いですし、
闇雲に全頭調査し、
そして消えていった人を何人も知ってます。

 

 

で、

消えていった人たちの特徴の話なんだけど、

彼らは、いきなり、
J-POPのジャンルからリサーチし始めます。

 

J-POPといえば、
ご存知音楽の王道ジャンル。

ブックオフに行ったら、
最もタイトル数が豊富なジャンルです。

僕が以前配った商品リストも、
J-POPのCDの数が多かったですよね?

 

なので、

「お!CDせどりで狙うなら、
J-POPを仕入れればいいんだな!?」
と考える人が多いのも仕方ないと思うんですが、

単純に、そもそも中古店に置いてある数が
他よりも多いからそうなってるところも大きい。

 

 

そして数が多いってことは、
他のジャンルよりもハズレ商品も多いということです。

 

CDせどりに慣れていて、
パッと見ればハズレ商品を見分けられる
って状態であるならいいけど、

「生まれて初めてCDせどりをやります!」

そんな人が、
いきなりJ-POPのしかも全頭に
チャレンジするには山が大きすぎます。

 

8年前、登山ド素人のくせに
初回から軽装備で富士登山した僕と同じようなもんです。

 

 

・登山だったら、まずは低い山から
・マラソンだったら、まずはクォーターから
・腹筋ローラーだったら、まずは膝コロンから

CDせどりも、
品数が少なく楽なジャンルから
コンパクトに攻めるのがおすすめです。

 

たとえば、ついさっき注文が入ったこれ。

100円で未開封の状態で仕入れました。

マキシシングルの
コーナーが設けられている店舗なら、
まずはマキシだけ調べるのがいいでしょう。

(同じJ-POPでも、
マキシだけに絞れば数も知れたものなので)

 

また、昨日はこんなCDが売れました。

これは、
「イージーリスニング」とか「ワールド」
と呼ばれる棚に置かれてるCDです。

イージーリスニングやワールドだったら、
J-POPに比べてその総量は10分の1以下。

まず、ここだけ調べて
勘を掴んだりお店の力量を確かめるのもアリでしょう。

 

 

こんな感じで、
ジャンルごとに砕いて分類し、
その上でより小さなところから慣らしていく。

それがおすすめです。
挫折したくないならね!

 

ではでは。

 

 

■おすすめ無料レポート

FBAの規約って、油断するとすぐ
「気がついたら変わってた」
状態になってたりします。

とくに細かいことは見落としがち。
しれっと書かれてるだけで
セラセンのニュース一覧に埋もれてたり。

これなんて、
意外と知らない人多いんじゃないかなぁ・・・。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ