たしかに、遺憾は遺憾で間違いないけど、、

この拡張機能は知らなかった!!

モノレートが使えなくなってしまう今後、
あなたがkeepa以外のツールを探しているとしたら

導入を一考する価値ありです。

 

痛いのは、僕が普段扱っているような
ジャンルには対応していないこと。。

いざというときの飛び道具として、
僕はこれを活用していこうと思います。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

ラッタです。

 

メルマガ読者様から頂く
お問い合わせの内容の中で、

僕がいつも
「心苦しいなー・・・」
と思うものがあります。

 

それが、
「新規出品者なので、
AmazonでCDを販売できないんです」

「Amazonでミュージックカテゴリの
出品規制を解除する方法はないんですか?」

というものです。

 

 

残念ながら、現在Amazonでは
新規セラーに対して出品規制をかけている状態で、

その規制を解除する方法もありません。

 

数年前に、Amazon内で
ブートもの(海賊版)のCDが
異常に出回ってしまった時期があって、

そういう悪質なセラーを締め出すための
施策として、それが今まで続いています。

(マジ遺憾すぎる・・・)

 

僕も、折に触れて
テクニカルサポートに連絡して、

「CDの出品規制解除まだー?」
と訊いてはいますが、

そもそもミュージックカテゴリの規制を
管理する部署とテクサポとは違うようで、

「私共も詳細を把握できていないのが実情です」
とのこと。

 

 

なので、
出品規制に関するお問い合わせを頂くのは
僕も心苦しい限りなんですけど、

でも、いつも言っているように
「だからCDせどりで稼ぐのは無理!」
というわけでもありません。

 

・Amazonに出品できるものはAmazonへ
・Amazonに出品できないものはメルカリへ

という使い分けをすることで、
キャッシュフローがよくなりますし
店舗での取りこぼしを大幅に減らすことができます。

 

・未開封商品を堂々と「新品」として出品できる

・早ければ売れた翌日には電子マネーのかたちで入金される

・Amazonにカタログがないものでも出品できる

・Amazonランキングが極端に悪いものでも結構あっさり売れる
(以前レポートにも書きましたね)

などなど、メルカリには
メルカリならではのメリットもあります。

 

 

せっかくお店に仕入れに
ブックオフへ行くのに、

CDを全く見ないというのは
あまりに勿体ないです。

 

今度ためしに、
FBAに発送する本を一通り仕入れ終わった後にでも

メルカリで売れそうなCDがないか
調べてみてください。

 

「あ、こりゃたしかに勿体ないや・・・」
と気づくと思います。笑

 

 

販路を一つ
潰されたくらいでダメになるほど、
せどりってビジネスはヤワじゃありません。

なのでそこは臆することなく、
「今できること」にコミットしていきましょう。

 

ではでは。
今週もよろしくお願いします!

 

 

■おすすめ無料レポート

CDはサイズが小さいし、
1回の発送で
100点以上を納品することができるので、

正直、
ここまで気にする必要はありません。

 

ただし、
単行本以上の大きさのものをメインで扱うなら、

この方法は
覚えておいて損はないでしょう。

経費をぎゅっと抑えて、
その分資金へ!です。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ