すっげぇことするなぁ・・・。ご愁傷様です。

制限時間付きなのが怖すぎる。

カウントダウンタイマーが0になったら、
死亡(アカウント永久凍結)もあります。

たぶん僕の読者さんは大丈夫だと思いますが、
念のため、チェックしておいた方がいいでしょう。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

気がつかないうちに、

以前紹介した「倒産品系情報の案件」

これにドドドーっと
また、お申し込みがあった模様。

 

まあ、こういう時期ですからね。

自宅にいながら手堅く仕入れをしたり、

このメールに掲載されてる
商品ラインナップからヒントを得て
横展開リサーチをするのに持ってこいですもんね。

 

 

ただ・・・。これって正直、

初心者さんにはオススメできないです。

 

何しろ卸仕入れ的な要素が強いので、
大量仕入れが前提になってくるんですよ。

逆にいえば1商品でリピート販売できるから
楽っちゃ楽なんですけど、
それなりの資金力が必要になってくる。

 

なので、もし初心者さんが
この案件に申し込むなら、

「これ系の商品が美味しいんだな!」と
ヒント集的な使い方をした方がいいと思います。

 

ご興味があれば、参考にしてみてください。

→ 倒産品/在庫処分品メール

 

 

さて本題。

 

きのう、
仕入れた商品の出品作業をしてたときのこと。

出品時って価格設定とか参考にするため、
ライバルチェックをするじゃないですか。

 

そしたら、同じ商品を安い価格で、
「ほぼ新品」のコンディションで
出品しているライバルを発見したんですね。

 

僕の出品する同アイテムは
「良い」で出品するつもりでしたから、

「むぅ・・・。
これは手強いなーー・・・
未開封品だったら刈り取っちゃうかー。」

なんて、思いを巡らせつつ、
ライバルの商品説明ページを読み進めました。

 

 

そしたら、

「レンタル落ち商品です」
~~~~~~~~~~~~

の文字が。

 

・・・え・・ええ!?

レンタル落ちのCDだよね?
「ほぼ新品」で出すの?

 

「目立つ傷は無く、
状態も良好であり動作確認済みです。」

とも書き添えられていましたが、
そういう問題じゃないような。。

レンタルされてた時点で、
新品とは程遠いのではなかろうか?

 

 

・・・それで、
そのライバルさんの評価に目をやると

案の定。。

 

「この業者から今後購入したくありません」
「レンタル落ちは理解していたが、
ほぼ新品とうたっていたので期待したが、残念でした」

そんなコメントで賑わっています。

 

うーーーん。
自業自得だよね。残念だけど。

 

 

彼がどういうつもりで、
レンタル落ちCDを「ほぼ新品」で出したのか?

それは分かりませんが、

 

1円でも高く、
早く売り切りたい!って考えで、
こういうコンディション表記にしたのなら

あまりにも思慮が足りない。

 

彼の店舗にはま
だ購入者からの評価の数が
20件も付いていない状況だったし、

そんな段階から
低評価を連発で付けられることは
すなわち「死」を意味します。

この状況を挽回するのはかなり大変です。

 

 

いつだかもお話ししたと思いますが、
お客さんから悪い評価を付けられるってことは

「商品の価格に見合うだけの
価値を提供できていない」っていうこと。

それができない人から淘汰されます。

 

「彼が出品している商品が、
誰からも購入されないうちに
どうか彼が出品を取り下げますように」

と、思わずちょっと祈っちゃいました。
(売れたらまた悪い評価付くだろうし)

 

 

安く仕入れられて、
利益率も高いことが多いので、

レンタルアップを扱うこと自体は
全然、悪いことじゃないと思うんです。

むしろ、素敵な作戦だと思います。

 

ただ、、

「ほぼ新品」はやめましょう!
絶対ろくなことになりませんから。。

 

 

ーーー

■おすすめ無料レポート

最近流行りの「ポイ活」。
けっこう落とし穴ってあるんですねぇ。汗

簡単に稼げるのはいいんだけど、
落とし穴には気をつけたいところ。

自宅にこもっている時間が多いこの時期だからこそ

騒動が沈下してから一気に行動できるよう
しっかりと資金をチャージしておくこと自体は得策です。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ