せどりするのにバーコードリーダーリーダー使わない

頭の中に、
自分の鉄板商品を持っておくと
仕入れ販売するときの効率が段違いに良いです。

特に、長期的に稼ぎ続けられる商品。

僕自身、こういう感じの
「倒れては起き上がり」を繰り返す
ロングセラーをいくつも在庫の陣営に置いてます。

→ 無料レポートの詳細はこちらから

 

ーーー

 

最近は新しい読者様も増えてきたので、
以前お話ししたことを繰り返してみようと思います。

せどりの道具の話ですね。

 

 

読者の方からよく訊かれる質問で、

「店舗で仕入れをするのに
バーコードリーダーは必要ですか?」

 

結論を先に言っちゃうと、
どっちでもいいと思ってます。

あった方が仕入れが捗るなら使えばいいし
そうでもないなら使わなければいい。

 

少なくとも僕は、
バーコードリーダー使ってません。

昔ビームせどり全盛の頃に
興味があって買いましたけど、
2、3回使ってイラネと思って友達にあげました。

BMXでおなじみのボウズさんも使ってなかったはず。

 

だから必要(必ず要る)かといえば、
そんなことは全然ないと思うんですね。

一方で、せどりで稼いでる人の中で、
バーコードリーダーを使い倒してる方もいます。

そうなってくると、
もう「好みの問題」じゃないかと。

 

 

僕が店舗に仕入れに行くとき、
家から持ち出す道具はこれだけです。

・スマホ(iPhone)
・充電器
・リュックサック

バーコードやインストアコードのリサーチなんかは
スマホのカメラ読み込みで事足りてます。

 

CDの場合はサイズも小さいし
こうやってババ抜き型でカメラ読み込みした方が
何だかんだ早いですしね。

 

あと、CDの規格品番を
手打ちで入力するような場面で

バーコードリーダーとスマホを
持ち替えるのがめんどくさすぎるとか
もろもろの理由を考えた上で
僕は「ビームいらない」と判断してます。

 

 

まあこの辺のことは、
本当に以前お話ししたことの繰り返しですね。

よかったら
こちらの記事もお読みになってみてください。

せどりにビームは必要か要らないか&おすすめのバーコードリーダー

 

ではでは。

 

 

■おすすめ無料レポート

店舗せどりをするときは
極めて軽装備な僕ですが、

ネットで仕入れをする場合は
そこそこ道具に頼ってる部分もあります。

とくに、この辺は最低限必要なので
ぜひとも導入しておいた方がいいですね。

→ 無料レポートの詳細はこちらから

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ