お金を稼ぐことと、すごく相性が悪いんですよ。

Keepaにあって
モノレートになかったもの。

そしてKeepaの真骨頂ですね。
どうせ同じツールを使うのなら、

ここまで機能をしゃぶり尽くさないと
もったいないです!

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

ラッタです。

 

昨日の話題とちょっとだけ関連して。

 

うーん、、どっから話そうかな。

 

まずお断りしておきたいのは、

今日の話題っていうのは
2通前の時期とは全く違う文脈のものです。

「死ぬ気になれば何でもできるのに」

「こういう」お話って、
読んでくださる人によって
アプローチを変えなきゃいけないものだし、

話すのもなかなか勇気がいるんですよ。

 

乾布摩擦がどんなに健康に良いからって、
風邪をひいて40度の高熱の人に勧めたら
絶対ダメじゃないですか。それに似ていて。

 

 

分かりやすく、
「せどりノウハウ」みたいな話題の方が
気を遣わなくて済むし楽だからいいんだけど

でも今日お話しするようなことが、
ノウハウの下地にないと
そのノウハウも全然効いてこなかったりするし

勇気を出して話すことにします。

(あくまで「稼ぐためには」って文脈でのお話です。)

 

ーーー

 

昨日、僕にメッセージの大半が、
僕よりも稼げてない人からのものだってことを
お話ししましたよね。

 

で、

今までたくさんのせどり初心者の方から、
「稼ぎたい!」って言葉を頂いてきたんですが

言葉の行間に、あるいはストレートに、
このニュアンスが含まれてることが多いんですよ。

 

↓  ↓  ↓

「私、かわいそう・・・」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

言い方は色々あります。

・勤めていた会社が倒産してしまった
・資金が全く無く、せどりするのが困難
・過去、高額塾やコンサルで詐欺られた

実にいろんなパターンがあるんだけど、
その言葉の奥深くに根を張っているのが
「私、かわいそう・・・」という考えです。

 

気持ちは分かる。

だけど、残念なんだけど、

「私、かわいそう・・・」と
「自力でお金を稼ぐこと」は相性がとても悪いんですよ。

 

「かわいそうな自分」

「何でこんなかわいそうな目に合わにゃならんのだ!」

「あー!なんか腹立ってきた!」

「くっそー!稼いでやる!おりゃー!!」

のように、
いい方向へ着火すればいいんですけど、
(ロック音楽が世界中の若者たちを魅了したように
怒りにはとんでもないエネルギーがあるから)

 

 

「かわいそうな自分」

「何をやってもうまくいかない」

「どうせ、せどりもダメなんだろうなー、、」

こっちにハマって、
負のスパイラルから抜け出せなくなると

その如く、
「稼げないパターン」が出来上がってしまいます。

 

 

僕は昔、
うつ病&強迫性障害&パニック障害
になっていたこともあって、

自分でそれを治そうと、
心理学を徹底的に勉強してた時期があります。

セラピーとかカウンセラーの資格も取りました。
(性格的にスピリチュアルは無理でしたけど)

 

加えて、稼ぎ方を教える立場になって、
いろんな人を見てきた事実として、

「私、かわいそう・・・」の瘴気が濃くなると
その人はどんどん稼ぎづらい体質になっていくことは
間違いないと断言できます。

 

だから、まずは、
この「稼げないパターン」の枠を
ぶっ壊すところから始めないといけないんですよね。

 

 

まあ、こればっかしは、
「分かってはいるけど」な領域の話で
一筋縄じゃいかなかったりするじゃないですか。

1通のメルマガだけで
どうこうできるものでもないんだけど、

 

とにかく、今日のところは、

「私、かわいそう・・・」と
「自力でお金を稼ぐこと」は相性がとても悪い

ってことだけは、
覚えておいて頂きたいです。

 

「自分がかわいそうだと思うたびに、
お財布から1000円ずつ逃げていく」
くらいに考えておくのが丁度いいです。マジで。

 

 

あんまり「こっち系」の話は
個人的に好きじゃないのですが、

ノウハウ云々よりも
実は遥かに大事なことなので、
今後も定期的にお話ししておきますね><

 

ではでは。

 

 

■おすすめ無料レポート

せどりにかかわらず、
ビジネス(とくに物販)をやっていると
この作業は絶対必要になってきます。

これをないがしろにしてると、
「あれ?利益出てるのにお金が残ってない!」
という悲しい自体になってしまいかねません。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ