せどりってAmazonとメルカリどっちで売る方が結局いいの?

Amazonのこの規約変更は結構重大ですよ。
自己発送を使うこと多いセラーさん注意!

僕的には、こういう、
買う側のメリットを考えた規約変更はウェルカムです。

この調子でAmazonさん、、、
いい加減、カタログ内の商品の自己発送、
送料もちゃんと明記してくれませんかねぇ・・・。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

ラッタです。

 

来ちゃいましたね。

一都三県を対象とした「緊急事態宣言」。

 

個人的に、

「7日くらいから
今年の店舗仕入れおっ始めようかなー」
なんて考えていたので、

ちょっとした番狂わされた感はあります。

 

まあ、事態が事態だもんね。仕方ないや。
家でできることをポツポツやっていこうと思います。

このへんの納品作業とかね・・・。汗

少し前に載せた画像の分はほぼ始末しました。
新たな刺客がまたこんなにも。。

まあ、ある意味嬉しい悲鳴ですな。
常に家の中にお金に変わるまとまった資産があるんだから。

 

こういうご時世ですから、
外注さんやパートさんを募集するのはまだ先かな。
しばらくはできる範囲で自力でやってきますか。。。

 

 

さて本題。

 

「せどりは、Amazonとメルカリ、
どっちで売る方がいいんですか?」

僕のもとには、
この質問がけっこうな頻度で寄せられます。

 

どっちか選べというなら、
僕はAmazonがいいと思ってます。
(本音は「両方やろうぜ」だけど)

送料やFBAの保管料を考えたら、
そりゃあメルカリの方が遥かに高待遇です。

 

 

だけど、やっぱりAmazon(FBA)の

・売れたら勝手に発送してくれる
・発送後のお客へのフォロー必要なし
・返品対応やトラブル対応もある程度までなら任せられる

この「半自動」な感じは他では得られません。

 

また、メルカリのように出品時に
必ず写真を撮らなきゃいけないかというと
そんなことなくて、

中古品であっても
普通にテキスト文字で商品の状態を書くだけで、
お客さんは安心して買ってくれます。

 

 

買い手としては、
・メルカリ=「一個人から買う」
・FBA=「Amazonというお店で買う」

ってイメージが強い。
Amazonのブランド力に感謝ですね。

せどりって、基本は単純作業なので、
コツさえ掴めば誰でも稼げるんですよ。

 

これはたしかにいいことなんですが、
単純作業にありがちな

「2倍稼ぐには2倍作業しなきゃいけない」
ってデメリットもあります。

だから余計な作業をしなくて済むための
仕組みがあるなら、
それは活用した方が絶対いいよねって話です。

 

キーワードは「時給を上げる」。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

僕がずっと言い続けていることです。

 

 

で…ですね、

「時給を上げる」ってことを考えたときに、

「じゃあAmazonのFBAだけ使っときゃいいか?」
というと、それもまた違ってて、

 

・・・、

あ、やべ。。。1000文字越えちゃった。

また次回書きます。

 

(今年からは、基本メルマガ本文は
1000文字以内にしようと思います。

今まで長文のメルマガ書きすぎてた。
長い文章読む時代でもないのに。笑
なので1000文字越えたら強制終了のスタイルに変更w)

 

ではでは。

 

 

■おすすめ無料レポート

僕はこういうのって意外と「カタイ」ので、
せどりをはじめてわりとすぐ取得しました。

これ放っておくと、
いざ規約変更とか法律変わったときに
一気にせどりできなくなってしまいます。

対応はお早めに!

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ