注文する→届く→出品する→利益出る。以上!

「この手があったか!」
って思わず声が出ちゃいました。笑

メルカリにCDを売るくらいならいいとして、
ちょっとデカめの商品を扱うときの
例の問題があっさり解決しそうです。。。

よし・・・。明日さっそく100均一行こ。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

ラッタです。

 

昨日のメルマガでも書いたとおり、

「せどりをするなら
Amazon(FBA)か?メルカリか?」の

どちらかをどうしても選ばなければいけないのだったら、

 

Amazonを取った方が
絶対にいいと僕は断言できます。

 

 

せどりのキモってやっぱり仕入れです。

 

出品や梱包や発送、
またはお客さんとのやりとりに時間を使うよりも、

同じ時間を使って
商品リサーチにコミットした方がいい。

 

商品リサーチに費やした時間は
経験として積み上がっていきますからね。
その後の仕入れの時短にも使えます。

(梱包作業や発送は1回こっきりで
積み上げ式じゃありません。

まあ、こなれて手際よくなるとかあるかもだけど
天井は知れたものです。。)

 

 

で、この、
「Amazon VS メルカリ」
の例でもそうなんですけど、

せどりで稼ぐための最大のポイントは、

「時給を上げる」←これに尽きます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

A.なんでメルカリよりAmazonの方がおすすめなの?
Q.時給が上がるからです。

A.なんでAmazon使うとしたらFBAがいいの?
Q.時給が上がるからです。

 

これはせどりに限ったことじゃなくて、
ビジネス全般そうなんですよ。

「同じ労働時間で、より多くのお金を引っ張り出すはどうすればいいか?」

それを常に考えていくのが大原則だったりします。

 

 

で、その上で、

こういう商品↓を仕入れるのはやっぱり効果的。
何しろ「ただ注文するだけで仕入れ完結」ですからね。

お家に商品が届いたら、ただ横に流すだけ。

1.

→ 日本人が知らない太平洋戦争の大嘘

(Amazonでは今こんな感じ))

(これ、普通に本として読んで面白かったですw)

 

2.

→ 大衆心理を利用して利益を上げる!維新流トレード術

(Amazonでは今こんな感じ)

 

3.

→ 大富豪の投資術

(Amazonでは今こんな感じ)

 

・・・まあ、いつもメルマガの
フッターに載せてる3冊の書籍なんですが、

回転率は驚くほどいい。

僕はFBAに出品が反映されてから24時間以内に売りました。

 

ここの出版社さんって、
けっこう1冊100円(送料込み)とか、

なかなか男前なパンチの効いた
キャンペーンを定期的にやってくれてるので、
チェックしておいた方がいいでしょう。

 

 

僕たちはついつい忘れがちですけど、
人ってただ生きているそれだけで、
時間を「使って」います。

そして僕たちが使ってる時間は、
それ以外の多くのもの(お金とか)と違って
1回使ったら2度と取り戻せないものです。

 

そんな大事な時間を使って
わざわざせどりするんですから、

「時給を最大化する」。
この命題とは大切に向き合った方がいいでしょう。

 

ではでは!

 

 

■おすすめ無料レポート

そういえば、僕のもとへ寄せられる質問で
このツールの使い方についてのものって少ない気がします。

みんなちゃんと分かってるのかなぁ・・・。

もしかすると、
「え、こんな機能あったの?」ってこともあるかもなので、
1回おさらいしておいて損はないと思いますよ。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ