せどりの時給を上げるために必要な、立ち回り方と考え方

今日の僕のメルマガ本編にも通じる話。

仕入れって、
「どういうところからどのタイミングで?」
を考えながら、

最短ルートをつねに探って狙っていくのが必要です。

 

闇雲に総当り的に仕入れようと意気込むのは
作業量のわりに効率が悪い。時給下がります。

どうせ同じ時間を使って仕入れるなら、
クレバーにやっていきたいですね!

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

ラッタです。

 

新年を迎えてからあっという間。

このメールがあなたのお手元に届く頃には
もう67時間経過です。

もう362日とちょっと「しかない」。

 

・・・こういう言い方されると
ちょっとビビりませんか?笑

僕はこんな感じで年月をカウントしてます。
今年もマイペース&ハイペースで行ったります。

 

 

まあ、そんなふうに

ハイペースだなんだと言っておりますが、
店舗仕入れは基本、
年明けてすぐの時期はお休みにしてます。

 

理由はいつも言ってるとおりですね。

「セール中よりセール後の方が美味しいから」です。

 

一般のお客さんやライバルせどらーが
セール品を購入し棚がスカスカになり次第、
ブックオフは空いた棚のスペースに商品を補充します。

「棚をスカスカにするための」セールだし、

「スカスカになった棚に補充する商品を仕入れるための」
年末の買取キャンペーンです。

 

だから今は動かずに、
しっぽり電脳仕入れしたり出品作業してる感じですね。

 

 

電脳なんて、
昨日のメルマガでもちょろっと紹介した
このレポートに書いてあるような仕入れ方もけっこう効果的ですよね。

ここで価格差が出そうな廃盤商品を抽出して
メルカリやヤフオクで横断検索かけるだけでも、
利益の出るものってかなり見つかります。

 

 

まして今って年が明けたばかり。

 

大掃除の流れでフリマ、オークションに
不用品を「処分」する人多数です。

昨日ザッと見ただけでも
捨て値同然で売られてるものをいくつも見かけました。

 

 

売り手の需要と買い手の需要。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この2つがシーズンおきに
どういうバランスで動くのか?
を見ていくと、効率よく仕入れができるようになりますよ。

 

ご参考までにですー。

 

ではでは!

 

 

■おすすめ無料レポート

ちなみに、

僕はこの時期ブックオフ仕入れはしませんが
「ついでに」仕入れはけっこうしてます。

全国どこにでもあるこのお店。
年末年始は何かと行く機会も多いので
ちょくちょく拾わせていただいてました。

仕入れ単価がめちゃ安なのは魅力でしょ!

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ