Amazon FBAで出品すれば何やっても売れる!ってわけじゃない

「資金」と「時間」。

この2つって、全人類にとって大事だけど
せどらーにとってはマジで「命」に等しいです。

 

使う資金を、短時間で素早く
最小限に抑えながら、スマートに仕入れする。

そのために、この方法は
絶対に活用した方がいいでしょう。
→ https://sedori-bank.jp/ReportDetail?report_id=3048&issuer_id=1694

 

ーーー

 

ラッタです。

 

昨日は、
「1円出品している
自己発送出品者がいるような値崩れしてるものでも、

FBAで2000円くらいで売ることができる」

ってお話をさせていただきました。

せどりで最安値よりもはるかに高い値段で売れるのはなぜ?

 

たとえば、昨日僕はこんなCDを売ったんですが、

これも、
そのパターンで売り抜いた一例ですね。

 

 

自己発送の最安値が飽和状態だとしても、

FBAのライバルが0人だとしたら、

 

・Amazon専用倉庫で保管される
・Amazon専用倉庫から発送される
・お急ぎ便が使える
・日時指定やコンビニ受け取りができる
・支払い方法が豊富で代引きにも対応
・マケプレに登録してれば送料無料
・(商品によっては)海外発送もできる

 

こういう条件のもと、
商品を購入したいお客さんを相手に、
僕の独壇場で販売することができます。

 

すでにFBA販売に慣れてる人なら、
当たり前に実感していることだと思いますが、

「何で最安値1円のライバル相手に
2000円とかで売れるの?」
って質問を結構いただいていたので
このタイミングでお答えしておきました。

 

 

そして一応、
昨日の発信の内容に補足を加えておくと、

 

「なるほど!FBAで売れば
最安値よりも遥かに高く売れるんだな!」

というところ”だけ”、
記号みたいに覚えるのはやめた方がいいです。

 

「最安値がどうなっていようが
AmazonはFBAで出品すれば何やっても売れる!」
みたいな短絡的な発想になると大変です。

 

 

昨日のお話で大事なのは、
「FBAなら売れる!」ってところじゃなくて、

あくまで、
「なぜFBAだと
この値段でもお客さんが買ってくれるのか?」って部分。

 

 

この「お客さん側の視点」
ってのが抜け落ちていると、

たとえばさっき挙げたこの商品を、

FBAだからって理由だけで、
5000円とかで販売仕出しちゃうわけです。

 

・・・いやいや、それじゃあ
すでに出品してる新品よりも高いから。

あと、別にFBAじゃなくても、
5000円出すくらいなら、
さすがに自己発送から買う方がマシだから。

 

5000円じゃたぶん、
一生かかっても売れません。

そのCDを5000円で買う
お客さんのメリットって何よ?というお話です。

 

 

大事なのは、あくまで
「FBAで出品すると、
お客さんにどんなメリットがあるのか?」の部分です。

 

それをちゃんと踏まえた上で、

「お客さんにとって」
メリットのある売り方をして、

 

そのついでに、僕たちは、
自分らのメリット(=利益)を取っていきましょう!

 

ではでは。

 

 

■おすすめ無料レポート

いつどんなリスクがあってもいいように、
扱える商材は多いに越したことはありません。

Amazonの出品事情はとくに、
いつ規制がかかって、いつ解除できるようになるか?
なんて分かったもんじゃないし、

解除できるうちに
サクッと解除してしまいましょう!
(ミュージックカテゴリの規制解除まだかな・・・)

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ