CDせどりは初回限定盤だけを仕入れるのが効率がいい?

この拡張機能には
日頃からめちゃくちゃお世話になってます。

しかし、このサイトは
そういえばあまり活用してこなかった。。

レポートを読んで、
あらためて使ってみたくなってきました。

Amazonの在庫切れ商品を
縦横無尽に探し回りたいときなど
この機能がかなり活きてくると思います。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

ラッタです。

 

何となく、その時々で、
自分の中で流行ってる言葉ってあるじゃないですか。

 

僕の場合も同じで、ここ何年か、
ずっと好んで使っていた言い回しがあったんですけど

あるときを境に、
あまり言えなくなってしまいました。

 

それが、去年、

小泉進次郎環境大臣の

「気候変動のような大きな問題は
楽しく、クールで、
セクシーに取り組むべきです」

で話題になった「セクシー発言」。

 

こちらの印象が強烈過ぎて、
使いづらくなっちゃんたんですよね。笑

 

 

以前ならたとえば、
「この商品売れました!ドーン!!」
みたいにリンクを貼るとか、

如何にも分かりやすく魅力的(に見える)な、
ノウハウらしいものを打ち出したりと

キャッチーな内容の発信を
「セクシーなお話」と言ってました。

 

それとは違って、

「地道にコツコツやっていこう!」とか、
「結局、作業量は裏切らないよ!」とか、
身も蓋もない発信を「色気がないお話」。

そんなふうに使い分けて表現してきました。

 

僕が重視して発信しているのは、
ご存知、色気がないお話です。笑

(こっちの土台がしっかりしてないと
セクシーなノウハウが活きないんですよ)

 

 

そして、ごめんなさい。
今日もそんな内容なんですが。。

 

CDせどりのノウハウの基本として、
初回限定盤とか期間生産限定盤とか、

とにかく「限定盤を狙え!」
みたいなものがありますよね?

 

人によっては、

「通常盤の表記がある商品は
リサーチもせずにドスルーして、
その分限定盤を探すほうが効率的」

とまで言い切る人も。

 

 

僕は、
半分賛成で半分反対です。

 

たしかに、CDせどりをする上で、
限定盤(とくにDVD付きとかになってる2枚組)から

優先的にリサーチすることは効率がいいんです。

利益を取れるものを引き当てる可能性は、
通常盤よりも限定盤の方が高いですからね。

 

でも、だからといって、
さすがに「ドスルーしよう!」は極端すぎ。

通常盤のCDでも、
入手困難になってるものはあるし、
それを販売して利益を出すことはできます。

 

 

先日、こんなCDを販売しました。

(1584円仕入れ→4900円販売)

「あまちゃん」とか
「この世界の片隅に」でおなじみの

のん(能年玲奈さん)のCDです。

 

Amazon在庫切れになっていて廃盤扱い。

そのくせ、女優さんが出してるCDという物珍しさと、

矢野顕子,真島昌利,尾崎亜美,高橋幸宏,大友良英…

参加アーティストがいちいち豪華なのもあって、
一定以上の需要があるアイテムです。

 

中古でもそこそこの
高額販売ができるCDですね。

 

 

で。

 

このCDの通常盤がこちら。

限定盤の販売価格には及びませんが、
こちらも、仕入れ値によっては余裕で利益出せます。

 

そして大抵の場合、
通常盤の方が限定盤より安く仕入れできます。

仕入れ値によっては、
限定盤以上に利益を取ることも可能でしょう。

 

 

こういうパターンもたくさんありますから、
「通常盤」と「ドスルー」対象を
イコールで結びつけるのは僕はおすすめしません。

 

せめて、
「限定盤」→優先的にリサーチする
「通常盤」→後回しにして時間が余ったらリサーチ

くらいに留めた方がいいと思いますよ。

 

ではではー。

 

 

■おすすめ無料レポート

ここからゲットできるポイントって
ブックオフで普通に電子マネーとして使えるし

ポイントという名の、立派な資金なんですよね。
もちろん、僕も最大限活用させて頂いてます!

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ