CDせどり ぱっと見で利益が出そうな商品を見つけるなら。

正直、レポートを読み始める前までは
「これ・・要るかなぁ・・・?」だったんですが、

読み進めていくうちに、
めちゃくちゃ試してみたくなりました。

メルカリでのリサーチの方法、
僕も同じやり方なんですよね。
ってことは、やっぱこっちを導入した方がスムーズか・・・!?

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

ラッタです。

 

「利益が出る中古CDを簡単に見つけられる方法ってありますか?」

 

僕がせどりの情報発信をするようになってから、
今まででいちばん多くもらってきた質問が
たぶんこれです。

 

しょっ中、こういう質問をされることには
個人的に少し思うところがあるのですが、
今日はそれは割愛。

さくっと「この辺見たら?」ってことを
話していこうと思います。

 

 

この間、こんなCDを販売しました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00LFVN68Q/

 

2765円で仕入れて、1万980円で販売。

僕の得意な洋楽CDです。

 

店頭でひと目見て、
「これ、利益でるやつじゃね?」
って思いました。

そして、スマホを取り出して、
せどりすとを立ち上げてバーコードリサーチしたら
「やっぱりね」って感じ。

 

 

なんでひと目で分かったか?

 

超単純です。

でかいんですよ。サイズが。

 

CDって、H125×W142×D10.4mmの大きさの
ジュエルケースに収まっているものが一般的です。

こういう普通の大きさのCDでも
利益が取れるものはたくさんありますが
全くのダメ商品も比べ物にならないくらい多くあります。

 

 

一方、わざわざ普通ではないサイズのCDを
リリースしている時点で、
そのCDは「限定版」である可能性が高い。

限定版のCDの方が、
普通に流通に乗ってたCDよりも
利益を出しやすそうですよね?

僕がさっき載せたCDも、
レコードのジャケットを模した、大きな仕様のCDでした。

 

 

中古CDせどりに超々苦手意識を持っていて、
「何かしらの取っ掛かりがほしい」
ってことでしたら、

こんなふうに、でかいサイズのものから
リサーチしていくのがおすすめです。
(まあパット見でわかりやすいですし)

 

ご参考までにですー。

 

では!

 

 

■おすすめせどり無料レポート

ゴールデンウィークって、
僕の周りでも「泣きを見る人が」
毎年必ず何人かいるんですよね。

この設定は必ず忘れないようにしましょう。

(毎年言ってるけど、
やっぱり誰かしらやらかしてるんだよな汗
今年こそは皆んなで無事、乗り切ろうね!)

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ