「ライバルより高い価格にしてもいいですか?」

このへんのメーカーの商品って
売れ行きもいいし利益も出そうだしで
ついつい仕入れたくなりそうなんですが。。

へたに仕入れて売ってしまったら、
最悪アカウントが飛んだり大変なことになってしまいます。

 

あらかじめ、リスクが高いメーカーを
押さえておくのはせどらーとして必須といえるでしょう。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

ラッタです。

 

今日もメルマガ読者様から頂いた
ご質問にお答えしていこうと思います。

 

 

「商品の値付けの仕方がわからない」

 

基本的には同じコンディションで出品している
最安値のライバルと同じ価格にすることを
僕はおすすめしています。

 

もしライバルが0件の場合も、
AmazonだったらKeepaを見て
最後に売れた価格にベタ付けするべきですし、

メルカリでも、すでにSOLDになっている
商品の値付けを妥当と考えた方がいい。

 

なので「基本は最安値」です。

仕入れた商品を寝かせるとかの意図がないなら
最安値でも売れる商品を仕入れるのが鉄則。

 

 

また、こんなご質問もよく頂きます。

「ライバルより高い価格にしてもいいですか?」

 

これは僕がいつも言ってることなんですが、

 

お客さんから
「なぜあなたの商品は
他の出品者よりも◯円高いの?」と訊かれて、
即答できないようなら最安値にするべき。

即答できるのなら、
即答できるだけの金額上乗せしてもOKです。

 

 

たとえば、あなたがAmazonに
「コンディション可」の全く同じ商品を出品する場合・・・

 

最安値のライバルが
「極度にキズや汚れが目立つ」とか
「レンタル落ち商品です」とかで、

コンディションがあなたの持ってる商品の方が
「高値で売れそう」と判断したら、
2番目に安いライバルをチェック。

 

それで、2番目に安いライバルの値付けが、
あなたの出品している商品と同じ程度の状態なら
そのライバルより1円安い価格で出品という感じです。

 

「FBAだから配達早いし、
支払い方法も受け取り方法も多彩で便利だから」
って理由を即答できるなら、
即答できるだけの金額でいい。

 

 

買取◯子とか
ブック◯フオンラインとかにありがちな、

定型文一発で商品の状態が
よくわからないような
コンディション表記の出品者が最安値だったら、

コンディションをしっかり書いた上で
「安心感」を付加価値として、
価格を上乗せするのもいいでしょう。

 

メルカリには(今のところ)
FBAみたいなシステムはありませんが、

メルカリで出品する場合も、
基本的には同じような値付けの方法で僕はやってます。

 

 

まとめます。

・基本最安値

・お客さんから
「なぜあなたの商品は他の出品者よりも◯円高いの?」と訊かれて、
即答できるなら、いくらにしてもいい

 

そんなところ。

今日は以上です!

 

ではではー。

 

 

■おすすめせどり無料レポート

こちらのAmazonの規約変更
すでに始まってます!
(いつもどおり、わりとしれっと。。汗)

これも冒頭に紹介したレポート同様、
「知らなかった」じゃ済まされないような、
アカウントにダメージくる系の案件です。

しっかりと予防対策していくことをおすすめします。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ