見かけたら絶対チェック!プレ値になってる可能性濃厚なCD

プレ値商品を探すときなど、
最も鮮度の高い情報を探すなら
これを活用しない手はないでしょう。

ヤフーニュースが裸足で逃げ出すスピード感です。

→ 無料レポートの詳細はこちらから

 

ーーー

 

少し前、
メルカリでこんなCDを売りました。

華原朋美さんのサイン入りCDです。

 

ブックオフで200円で売られていたのを
2999円で出品。

購入者からの価格交渉があったので、
2799円で販売した感じです。

 

・・・これが小室プロデュース全盛の
黄金期だったら3万円とかでも売れたんじゃないか?

なんて思ったりもしますが、
まあそればっかりは仕方ありません。汗

 

 

ブックオフで売られてる商品で、
最もサイン入りを引き当てる打率が高いジャンルは、
おそらくCDでしょう。

僕自身、今まで何十枚仕入れてきたか
もはや覚えていません。笑

 

で、CDを含む、
こういうサイン入りの商品って基本、
ブックオフでは捨て値同然で売られます。

お店側としても、
サインが書かれていても本物かどうかを
判断できる明確な証拠がないので

「なんか書き込みのある商品」として
棚に並べるしかないということなんだと思います。

 

僕も出品するときは、
コンディション文に「直筆サイン入り」とだけ書いて
「本人の」とは記載しないようにしてます。

(まあ要らなくなったものを
ブックオフに売りに行く前に
偽造サインを書くメリットなんかないし
99%本人なのでしょうが…)

 

 

サイン入りのものは僕の場合は
Amazonじゃなくてメルカリに売ることが多いかな。

写真を撮ってアップする作業を考えると
スマホ完結するメルカリの方が早く出品できるし
売れるのも早いです。

 

Amazonにコレクター出品する方法もあるけど

その場合は、回転は基本的に遅いですね。
(代わりにAmazonでコレクターの方が高く売れる場合もあるけど)

 

 

なにはともあれ。

こういうサイン入りのCDは、
マイナーアーティストのものでしたら
けっこう高頻度で見つけられます。

「誰?この人・・・」ってくらい
知らないアーティストでも
一応、メルカリなどで相場をチェックするのがいいでしょう。

Amazonでランキング100万位みたいな
どうしようもないCDでも
メルカリだったらけっこう売れたりします。

 

 

あと、本もサイン入り発見率高いですね。

戦場カメラマンの渡部陽一さんの本なら
僕も見つけたことがあります。

友人の本せどらーは、
GLAYのTERUのサイン入り本を
ブックオフの単C棚(100円)で拾って
5万円で売ったことがあると言ってました。

(すげぇ!)

 

本の場合は、表紙裏か奥付けのどちらかに
サインが書かれている場合が多い。

余裕があれば
そこも含めてリサーチしてみてはいかがでしょうか?

 

それではー。

 

 

■おすすめ無料レポート

モノレートの見方が正しくできてないと、
売れない商品をムダに仕入れてしまったり
必要以上に安く売ってしまうリスクがあります。

そうなってしまわないように、
あらためてモノレートの読み方を確認しておきましょう!

(モノゾンに関しては
けっこう間違いも多いので
僕はあくまで目安くらいの感覚で使ってます)

→ 無料レポートの詳細はこちらから

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ