これこそが僕の「情報発信のテーマ」です。

ラッタです。

いやー、久しぶりのセールスでした。
興味ない人にとってはスパムでしかないね。汗

いよいよ「はがねプロジェクト」のご案内も
今日で一区切りです。

ここまで付き合い頂き、
ありがとうございました。

 

今日が一区切りなので言ってしまうと

僕がここまで書いて、
最後にあなたに伝えたいことは
「はがねプロジェクトに参加してね!」
とかじゃないんですよ。もはや今となっては。

だって、もう僕が「稼がせる」実績を
作るに足る人数はおかげ様で集まったので!
あとはもう、本当に必要な人だけどうぞです。

 

今日まで配信してきた内容は、
あくまで「企画のご紹介とご案内」でしたし、
僕もそれなりに「売る」つもりで書きました。
(おかげ様で売れました!笑)

 

だけど、それ以上に、
ここ最近の自分の配信の中でも、
最も僕自身を「さらけ出した」数日間だった。

思いついたことをウワーッと書いて、
ロクに読み返しもせずに送信。
誤字脱字はそこら中・・・。

 

「売る気があるんだかないんだか?」な、
乱文に付き合わせてしまいすみません。
本当にありがとうございました!(2回目)

でも書いたことは全部、本音の本音です。
もうタンク空っぽ。スッキリしました。
1ミリくらいは伝わってくれてればいいな。

 

 

・・・で、ね?

 

最後に、さらけ出しついでに、
これから個人的に超恥ずかしいこと書きます。

超恥ずかしいけど一生懸命書くので
できれば、お付き合いくださいませ。。。

 

ーーー

 

僕があなたに、最後に伝えたいこと。

 

それは、

「あなたは幸せになっていいんだ」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

です。

これこそが僕の「情報発信のテーマ」です。
(うわあ。もうすでに書いてて恥ずかしい笑)

 

 

どういうことかと言うと、

たとえば・・・・・

 

あなたに、目に入れても痛くないくらいに
愛している、4歳の娘がいるとしましょう。

あなたが歩くすぐ後をトコトコと着いてくる、
あなたの姿がちょっと見えなくなるだけで、
すぐ泣き出しちゃうような可愛い女の子です。

4歳の娘はあなたのことが大好きです。
もちろんあなたも、そんな娘のことが大好き。

 

そんなある日、

その子が、
「ピアノを習いたい!」と言い出しました。

 

・幼稚園からの帰り道、熱心にあなたに、
先生が弾いたピアノのことをしゃべりだす。

・毎日毎日、絵本の中のピアノの絵を眺め、

・絵本の中のピアノの絵をトントンと叩く。

・テレビにピアニストが映れば釘付けになり、

・どこからかピアノのメロディーが耳に入れば
すぐさま、それに合わせて踊って歌い出し、

・夜、寝ている間も、夢に見ているのか、
昼間に聴いたピアノ曲を寝言でハミングする。

文字通り、ピアノに”夢中”なあなたの娘が、
「あたしピアノを習いたい!」と言ってます。

 

あなたにとって、愛する愛する子供です。

 

 

・・・習わせてあげますよね?ピアノ。

・どんなに生活が苦しくなっても。
・どんなに自分のことを犠牲にしてでも。
・どんなに眠たい目をこすることになっても。
・どんなに自分が欲しい買い物を諦めても。

きっと、あなたのことです。
何としてでもどんな手を使っても、
愛する娘にピアノを習わせてあげるはず。

 

そりゃあもちろん、いくらあなたが、
あなたの娘にベッタリ溺愛してるからって
何でもかんでも買い与えるとかは違う。
度を過ぎればそれは「甘やかし」です。

 

だけど・・・

本当にあなたの愛する娘が
それを心から「欲しい」と言っている場合、
「甘やかすことになるから買うのはヤメよう」
なんてふうには、思わないでしょ?

 

 

あなたがあなたの子に
してあげるであろう、それを、

 

それと同じことを、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あなた自身にしてあげてください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それが、「自分を愛する」ってことです。

 

 

あなたが何かを
本当に心の底から「欲しい!」と思ったとき、
それを叶えて”あげられる”
そんな、あなたでいてください。

 

「お金を稼げるようになりたい!」

・でも、自分には才能がないしな・・・
・でも、自分には資金がないしな・・・
・でも、毎日忙しくて時間ないしな・・・
・でも、休みくらいちゃんと寝たいしな・・・

そういう「でも」を、
愛するあなたのために、ちょっとだけでも
はねのけられる、あなたでいてください。

 

 

だって今、仮にあなたが、
どんなに不幸でもみじめでも情けなくても、

あなたは幸せになっていいんだから。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(こんなメルマガを読んでるんです。
「お金稼ぎたくない」
なんて言わせませんよ?笑)

 

僕はスピリチュアル系みたいな論調って
もともと嫌いなタイプの人間ですし、

本当は、
こういうこと言うのも得意じゃないんですよ。
今も顔が真っ赤になるほど恥ずかしいです。笑

 

それでも、

「あなたは幸せになっていいんだ」って、

これだけは言わずにいられない。

だって、僕が言いたいことなんて、
突き詰めればこれだけなんですよ。本当に。
ノウハウ以外に僕が伝えたいこと。
そんなもの、他には殆どありません。

 

別にCDせどりにこだわる必要もないし、
「はがねプロジェクト」に参加しなくていい。
他に稼ぐ手段だってあるんだから。
あなたに最もFitするものを探せばいいです。

 

・・・でも、いずれにしても、

”あなたが幸せになることを
どうかあなたが「許可」してあげてください”

”そのために、
あなたが何かの「行動」をしてください”

 

もうこれだけよ。
今日、僕があなたに言いたいのは。マジで。

 

 

はい。

言いたいことはこれで全部言い切りました。

同じことクドクドと何回も言っちゃったけど、
これだけ頬を赤らめつつ本音で書いたんだから
今日で3ミリくらいは伝わったでしょう。たぶん。
うん。頑張ったよ俺。笑

 

そんなわけで、以上!

最後の最後まで
乱文尽くしの数日間でしたが
お付き合い頂き、本当にありがとうございました。
(3回目)

 

最後の最後に、一応、今回の企画の
詳細やら何やらのまとめを置いておきます。
ご入り用の場合はどうぞ。

→ はがねプロジェクト

 

ではでは。

「はがねプロジェクト」楽しんで参ります!

 

 

PS.

このセミナー、予想通り好評でした。
ほらね。凄くよかったでしょ?

自己啓発が大嫌いな僕が、
唯一聴きまくってる斎藤一人さんの「覚悟の話」です。

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ