900円⇒1000万円?

ちょっとわけ分からないです。
「0」の数、合ってるよね?

キュウヒャク⇒イッセンマン・・だよね?

⇒ キャンペーンの詳細はコチラから
(終了しました)

 

ーーー

 

どーも、ラッタです。

 

この3年間ほど、ちょっとした理由があって
僕はAmazonマケプレのアカウントを2つに分けてたんです。

んで、最近はその「ちょっとした」が
ようやく一段落しそうなので
アカウントを1コにまとめようと調整中です。

 

調整と言っても、
新規の商品は全部一箇所のみに送る。
もう片方は自然に在庫が吐けるのを待つってだけなのですが。笑

 

その作業を始めて2週間。
ようやくこれくらいまで来ました。

もう片方が今40万強なので、
今、2つ合わせて110万ちょっと。

片方が150万くらいになった頃に、
もう片方が在庫を吐け切れてるのが理想。
うん。楽勝だ。

 

 

ここ数年のブームである、
ドラゴンボールの戦闘力かってくらい
インフレが進む月商合戦の最中、、、
これって決してハデな数字ではありません。

 

でも、中古CDの利益率は豪快です。
300円⇒1万円とか珍しくない世界です。

ヘタすると、月商500万セラーとかより
余裕で稼いでるような利益率なので僕はこれで十分。

事実、専業として余裕で食えてますし。

 

たった5000円を軍資金として
おっかなびっくり始めたCDせどり。

それが、同世代会社員のお給料よりも
高い収入を得られるようになったんですから
それなりに誇らしいと感じます。

僕の周りには超低資金から始めて
大きく跳ねた人って、CD以外じゃそんなにいません。

その点、ぶっちゃけ、
利益率だけ武器にのし上がってやったんだと
「天狗」になってたところもあります。

 

 

・・・が!

 

ちょっとこれは、
その鼻をバキッとへし折られる感じですね。

⇒ キャンペーンの詳細はコチラから
(終了しました)

 

ん?どゆこと?

資金900円スタートで月商1000万円?

聞いたことないぞ、こんなの・・・。
ケタ何個変わってんだよ?

 

あれ、、もしかしてこれって、
5000円⇒100万円で浮かれてた自分が
とっても恥ずかしい感じになるんでしょうか?汗

 

 

いつも言ってるとおり、
大半の”月商推し”系のせどらーって

もともと資金力があって、
資金をぶん回すことで低い利益率を補う。
そういう「資金の暴力」みたいなやり方が常套手段です。

 

だけど、
資金900円から1000万の売り上げを出すのに
利益率が低いとか考えられないし。

「LINEで完結」ってことは
リピート仕入れ系なのかな。

でもそれだと「出品作業不要」とか
訳わかんない感じになるしなー。

 

何より。

低資金からLINE完結の転売手法となると、
アレとかソレとか何種類かは思いつくけど
そのどれもが、「900円⇒1000万円」は有り得ない。

 

 

・・・何なんだこれ?

 

勝手にイマジネーションを巡らすより
確認してみた方が早そうなので
試しに、覗いてみることにしました。

あなたも僕と一緒に、
この爆発力のナゾを暴いてみませんか?

⇒ キャンペーンの詳細はコチラから
(終了しました)

 

 

うーん、、

今まで低資金と高利益率をウリに
ここまでドヤ顔でやって来れたのに。

なんか悔しいな。苦笑

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ