CDせどりで稼ぐコツを教えて下さい←これに一言で答えるの!?

ポイントせどりをメインにして
活動をするのはシンドイですけど、

だからって、
ポイント自体軽視するのは勿体なさすぎます。

 

とくにこのポイントとか
ブックオフで普通に現金代わりに使えるし

「資金を守る」ために
是非とも活用しておいた方がいいでしょう。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

ラッタです。

「前談」ってありますよね。

メルマガの本題に入る前に
文章の冒頭でふにゃふにゃと書く
日常のあれこれみたいな部分。

あれを書いていたら
なぜか気分が乗ってきて異常に長くなってしまい、
今朝書いた原稿を全てボツにしました。。

 

※何書いたの?なんて物好きな方はこちらw

【雑記】ロウソクの火を眺めてたらリラックス&集中力が上がった話

 

なので今日は
書いててお腹いっぱいになってしまったので
前談なしでいきまーす。

 

 

僕はこういう発信をしているから
最近はあまり下記のような質問を頂くことはないんですけど、

メルマガとか書き始めた頃は、
こんな質問をよく頂いてました。

 

「CDせどりで稼ぐコツを教えて下さい」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

コツって何かというと、
物事の骨子のことですよね?

ネットの語源由来辞典で調べると、

”コツの語源は、漢語「骨(こつ)」。
骨は体の中心にあり、体を支える役目を果たしていることから、人間の本質や素質などを意味する。
そこから、コツは勘所や要領も意味するようになり、物事の本質を見抜き、自分のものにすることを「コツをつかむ」と言うようになった。”
(引用元:http://gogen-allguide.com/ko/kotsu.html)

と書かれています。

 

こういうものを一言で説明するのって、
ほとんど不可能なんです。

 

・・・いや、うそ。できるよ?

できるけど、
「安く仕入れて高く売るのがせどりで稼ぐコツです!」

と凝縮しまくった回答じゃ
ちっとも納得できませんよね?

 

 

で。

 

「CDせどりで稼ぐコツを教えて下さい」
って訊いてくる方の多くが、

「どのCDが売れますか?」と
清々しいくらいにストレートなニュアンスで
訊いてこられる感じでした。

今はお陰様で
そういうことも少なくなったけど。

(ちなみに、あえて答えるとしたら、
今はこのアーティストのCDがプレってます。
たぶんこの先、プレ化がもっと加速すると予想)

 

 

昨日も書きましたが、

・超簡単!
・再現性100%!
・誰でも稼げる!

系のノウハウは、

 

「誰でも稼げる敷居の低さ」のせいで
ちょっと流行って一瞬で飽和して稼げなくなります。

僕もこの業界に参入してから長いので
ポッと出て秒殺で廃れてくノウハウや
それに関わる人を沢山見てきました。

 

 

CDせどりとか本せどりは、
ちょっとだけスキル習得のための
勉強をする必要があります。

その「ちょっと」が参入障壁となって
僕たちを守ってくれるんですよね。

 

逆に言えば、「どのCDが売れますか?」に
ストレートに答えられるようなCDは

飽和して稼げなくなるのが早い
or仕入れ自体が困難なものばかり。

 

「コツ」って言葉を
「骨」と読むことができれば

たぶん「どのCDが売れますか?」以外の
質問が出てくるのにな〜

と、感じていた当時のことを
ふと思い出しました。

 

 

ただし、1つ言えるとしたら。

同じ棚に複数枚、
同じタイトルがズラーっと並んでるCDは
全部無視するっていうのがいいですね。

 

ブックオフのような
中古店に沢山並んでいる時点で、

その商品は
「どこにでも置いてある
=手に入れるのが簡単
=プレミア商品ではない」ことが明らかですから。

 

だからこういうCDのような

ベストセラーははじめから狙わないのが理想です。

 

狙うならこっち。

「ベストセラーよりロングセラーを」ですね。

 

これが一言じゃ説明しきれない、
無数に細分化された「インスタントなコツ」の1つです。

 

それでは!

 

 

■おすすめ無料レポート

中古せどりである程度稼げるようになったら、
その資金をぶん回して、
こんな効率的な仕入れをするのはアリです。

「誰でもラクして」系ではあるけど、
他のジャンルでリスクヘッジができているなら全然問題ないし
収益の底上げになると思います。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ