メルカリなどAmazon以外の販路でのせどりは儲かるか?

Amazonへの出品作業を進めようと思って
セラーセントラルを開いたところ、

ストレージモニターが一杯に!

年末商戦真っ只中だっていうのに、
やってくれるぜAmazonさん・・・。

人によっては2000点以下しか
納品できなくなってしまったなんて人もいるようです。

 

こんなふうに、いつだって、
僕らを振り回してくれるAmazon。

昨日も書いたとおり、
・ちょこちょこ規約変更したり
・手数料を改定(改悪)したり

そんなことは僕は慣れっこですし、
CDという大きな利益率の商材のおかげで
大きなダメージもなく今までせどりをしてこられてます。

 

ただ、何のリスクヘッジもしないで
のほほんと、せどりを続けるほど
僕は考えなしではありません。

たとえば、最近、僕が
本腰入れてやり始めた「メルカリ出品」。
これ、けっこうおすすめです。

 

Amazonにカタログがないものや、
瞬間ランキングが悪いもの。
モノレートが全く跳ねていないもの。
またはFBAで不良在庫になっていたもの。

こういうのは全部、
メルカリに流しちゃってます。

 

前にも載せたこれらの商品とかが、
ちゃんと売れてくれるのは助かります。

 

 

あるいは、

Amazonランキングで
平均861,568位だったこのCD。

これを100円で仕入れて
メルカリに出品したところ、
なんと出品してから2週間くらいで売れました。

このスピード感は、正直予想外でした。
なるほど、メルカリって「アリ」だなと。

 

 

あと、

「年貢をさっさと出せオラ!」
と高額な手数料をせしめてくる
暴君・Amazonが基準になってる僕にとって、

メルカリの手数料の安さは
地上に舞い降りた天使に見えます。笑

 

たとえばAmazonのFBAで
1700円のCDを売ったとしたら、
入金される金額は1000円そこらです。

でも同じものをメルカリで売れば。

ちりも積もれば、
なかなか大きな山がそびえ立ちそう。

手数料やら保管料やら発送料を踏まえて、
AmazonのFBAとメルカリで売る場合の
経費諸々の差をざっと計算してみると、

100点売った時点で4万円です。
1000点売ったら、なんと40万円。

決して馬鹿にできる金額じゃありません。

 

 

もっとも、
「Amazon以外のプラットフォームでの
せどりは儲かるか?」というと

さっき挙げたように商材にもよりますが、
今のところは何だかんだで
Amazonが一番儲かると思います。

メルカリとAmazonだったら、
同じ商品ならAmazonの方が高値で売れることが多いし
鼻血出るほど高い手数料を払い続けてでも
僕はまだAmazonのFBAを使い続けると思います。

 

でも、いずれにしたって、

メルカリのこの
・Amazonで売れないものも売れる
・Amazonよりも手数料が安い
ってメリットを全く享受しないテはありませんよね?

 

以前、僕が提案した
・本はAmazonへ
・CDはメルカリへ
って方法も良いと思うし、

何にしても、Amazonだけに頼らずにやっていくことを
視野に入れておいた方が、何かと安心かなーと。

 

 

まあ、
Amazonだろうがメルカリだろうが、
売ってる商品を求めてくるのは「人」ですからね。

だから
「人がどんな商品を欲しがるのか?」
って部分をちゃんと踏まえられていれば、

どこをプラットフォームにしても
ちゃんと生き残ることができますよ。

 

がんばっていきましょう!

 

ではでは。

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ