せどりの粗利率はどれくらいを最低基準にするべきか?

今日の千葉県は雨。

 

僕は基本、
雨振りの日が好きな人間なので、

今日は仕入れには行かず、

ローリング・ストーンズのベスト盤を
小さな小さな音量で流しつつ、
窓を全開に開けて雨音を聴きながら、

のんびり、この記事を書いています。
(雨の日は冬でもそんなに寒くないのも嬉しい)

 

そんな週の半ば。

今このメールを書いている以外は、
昨日に引き続き、
アンケートの質問に答えたりしてました。

 

けっこう多い質問が、

「粗利率の最低基準は
どのへんにした方がいいですか?」
というもの。

「粗利率」。これがミソですね。
僕が「純利益率」と呼んでるやつです。

 

未だに、
せどり系のブログなんかを見ると、

「(売上高ー仕入れ金額)÷ 売上高」
って計算したものを
「利益率」と呼んでるところがあります。

 

いやいや、、

それは、
せどらーとAmazonと
配送業者の利益を全部足した率であって

実際に僕たちの
銀行口座に振り込まれるお金は、

そこからAmazon手数料なり
送料なりを引いたものです。

 

 

粗利率以外の単純計算を
「利益率」と呼んで得するのは、
実績を盛りたい情報発信者さんだけです。

計算するなら、
確実に粗利率(純利益率)でいきましょう。

(以前もそんなことを書いた気がするな。。。)

【本当は怖い】せどりの利益率計算・・・

 

その上で、

粗利率はどれくらいあった方がいいか?
です。

 

これはその人がどれくらいの規模感で
せどりをやっているかとか、

回転率がどれくらいかにもよるので
一概には言えませんが

 

僕がメインで扱っている
CDの場合で話すと、どんなに悪くても

25%〜30%
〜〜〜〜〜〜

は、あった方がいいと思っています。

 

 

僕の中での仕入れと売り値の最低基準は、

・110円仕入れ→980円販売
・290円仕入れ→1280円販売
・510円仕入れ→1580円販売
・1000円以上→2.5倍以上

です。
(死ぬほど回転が早いなら別として)

 

ちなみにメルカリで販売するときは、
あちらの方が手数料が安いので
ゆうゆうメルカリ便で発送するとして
Amazonの基準から「-200円」が最低ライン。

 

 

でも、当然ながら、
僕はギリギリ最低基準の商品ばかり
仕入れることはあまりないですね。

基本的には、290円で仕入れたとしたら、
この程度の利益は持っていきたいところ。

 

でも、
人にそういうふうに教えちゃうと、

利益率に拘りすぎるあまりに
仕入れ回収率が下がっちゃうので
(とくに初心者さんの場合は
販売に「慣れてもらう」ことの方が大事だし)

 

・110円仕入れ→980円販売
・290円仕入れ→1280円販売
・510円仕入れ→1580円販売
・1000円以上→2.5倍以上

くらいで最低でも売るようにと言っています。

 

この辺を最低基準にするのが一番、
仕入れの効率的にも利益率的にもバランスがいいと思います。

この基準で仕入れ販売をしていけば、
少なくとも、
資金ショートになるとか、
「稼げない」ってなることはないかと。

 

はい。
ご参考になりましたら幸いです。

 

こんな感じに、
しばらくは頂いたアンケートの

・ラッタの商品リストを見て、思ったことや感じたことを何でもお書きください
・せどりについて、今あなたが知りたいことは何ですか?
・せどりをしていて、今あなたが一番困っていることは何ですか?

の項目から、お題をピックアップして
メルマガを書いていこうかなーと思います。

明日と明後日は少し用事があって、
次にメール送るのは日曜日になるかな?

 

というわけで、日曜日に、
いい感じのリスタートを切れるように、

お題集めにご協力頂けましたらです。。。

↓  ↓  ↓

(アンケートはこちらから
→ https://www……..メルマガ読者様限定のアンケートになります)

答えてくださった読者さん全員に
「2万4514円仕入れ21万7385円販売」
商品リスト100選をプレゼントしています。

5年前に作ったリストだし、
掲載してある商品自体の相場は変わってるかもだけど

「こういう感じの商品」って
傾向は変わってないので参考になる部分が多いと思います。)

 

それではー!

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ