せどりの粗利率はどれくらいを最低基準にするべきか?

利益率が高くて回転率も良い。
そういう商品ばかりを狙う人は稼げない。
っていうのが僕の持論です。

ただし、例外もあります。

爆益を狙えてしかも回転抜群。
こういうパターンの商品ですね。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

ラッタです。

 

連日、様々なご質問や
お問い合わせを読者様から頂く中、

けっこう多い質問が、

「粗利率の最低基準は
どのへんにした方がいいですか?」
というものです。

 

「粗利率」。これがミソですね。
僕が「純利益率」と呼んでるやつです。

 

 

未だに、

せどり系のブログなんかを見ると、
「(売上高ー仕入れ金額)÷ 売上高」
って計算したものを

「利益率」と呼んでるところがあります。

 

いやいや、、

それは、
せどらーとAmazonと
配送業者の利益を全部足した率であって

 

実際に僕たちの
銀行口座に振り込まれるお金は、

そこからAmazon手数料なり
送料なりを引いたものです。

 

 

粗利率以外の単純計算を
「利益率」と呼んで得するのは、
実績を盛りたい情報発信者さんだけです。

 

計算するなら、
確実に粗利率(純利益率)でいきましょう。

(以前もそんなことを書いた気がするな。。。)

せどりの利益率計算の方法を間違えたら平均30%が目標だと死にます

 

 

その上で、

粗利率はどれくらいあった方がいいか?
です。

 

 

これはその人がどれくらいの規模感で
せどりをやっているかとか、

回転率がどれくらいかにもよるので
一概には言えませんが

 

僕がメインで扱っている
CDの場合で話すと、どんなに悪くても

20%〜30%
〜〜〜〜〜〜
は、あった方がいいと思っています。

 

 

僕の中での仕入れと売り値の最低基準は、

・110円仕入れ→980円販売
・290円仕入れ→1280円販売
・510円仕入れ→1580円販売
・1000円以上→2.5倍以上

です。妥協に妥協を重ねての最低ライン。

 

死ぬほど回転が早いなら別として、
「これよりも1円でも悪かったら仕入れない」を徹底してます。

 

 

ちなみにメルカリで販売するときは、
あちらの方が手数料が安いので

ゆうゆうメルカリ便で発送するとして
Amazonの基準から「-300円」が最低ライン。

 

でも、当然ながら、
僕はギリギリ最低基準の商品ばかり
仕入れることはあまりないですね。

基本的には、290円で仕入れたとしたら、
これくらいの商品を仕入れたいところ。

 

でも、
人にそういうふうに伝えちゃうと、

利益率にこだわりすぎるあまりに
仕入れ回収率が下がっちゃうので
(とくに初心者さんの場合は
販売に「慣れてもらう」ことの方が大事だし)

・110円仕入れ→980円販売
・290円仕入れ→1280円販売
・510円仕入れ→1580円販売
・1000円以上→2.5倍以上

くらいで最低でも売るようにと言っています。

 

この辺を基準に設定するのが一番、
仕入れの効率的にも利益率的にもバランスがいいと思います。

この基準で仕入れ販売をしていけば、
少なくとも、
資金ショートになるとか、
「稼げない」ってなることはないかと。

 

 

はい。
ご参考になりましたら幸いです。

 

 

こんな感じに、
読者様からのお問い合わせや
メルマガ読者限定アンケートの

・ラッタの商品リストを見て、思ったことや感じたことを何でもお書きください
・せどりについて、今あなたが知りたいことは何ですか?
・せどりをしていて、今あなたが一番困っていることは何ですか?

の項目から、お題をピックアップして
メルマガを書くのって楽で助かります。笑

 

というわけで、今後とも

お題集めにご協力頂けましたらです。。。

 

それではー!

 

 

■おすすめ無料レポート

ビジネスとしてせどりをやっている以上、
お客さんとのトラブルはつきものです。

FBAならAmazonが対応してくれることも多いですが、

メルカリやヤフオクなど、
個人間の取引が主のプラットフォームを使うなら対策が必要。
その上でかなり参考になるレポートです。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ