「これAmazonで販売されてるの!?」

どーも、ラッタです。

 

先日メルマガでも書いた、新しいヘッドホン。
「音が良い!」ってことで
たいそうお気に入りだったんですけど、

今日、突然、
なんか聴こえ方が変になりました。

 

「なんだこれ、、、おかしいな・・・」
と思い、原因を探ってみたところ、

 

LとRを逆さまに装着してた・・・。

 

そんな感じで、絶賛夏バテ中の僕ですが
今週もよろしくお願いします。汗

 

 

さて本題。

 

せどりでも何でもそうだと思うんですが、

お金を稼ぐことっていうのは、
「いかに購入者の目線で物事を考えられるか」
にかかってきますよね?

 

「すでにAmazonで売れているもの」を
安く仕入れて高く売る”だけ”でも稼げる。
それが、せどりのすごい所だと思います。

 

だけど。

「いかに購入者の目線で物事を考えられるか」
の、重要性を承知している人っているのは、

ただの横流し系せどらーよりも、
圧倒的に稼げている場合が多いです。

 

 

たとえば、

こういうもので利益を出せるとか、
あなたは考えたことありますか?

僕自身「これAmazonで販売されてるの!?」
というリアクションでした。

 

 

「価格差が~」とか「モノレートが~」とか
その前に、PC画面の向こうには
「人間(=お客さん)」がいるんですね。

 

せどりって、
購入者の顔を見る機会がないじゃないですか。
なんとなくモノが売れて入金されてる印象。

だけど当たり前だけど、その流れの中で、
「検討→購入」って第三者のプロセスがあるんです。

 

そのモノを買う、購入者の目線。
それを持ってる人は、やっぱり強いよね。

ってお話でした。

 

 

大事なのは想像力。

想像力があれば、
こういうものでも需要があるんだな、と気付けます。
無料レポートの詳細はコチラ
(12ページ目の”視点のズラし”は凄いなーと思いました)

磨いていく価値が十分にありそうです。

 

 

そんな感じで、
今週も暑い日が続きそうですが
熱中症とかには気を付けつつ、やっていきましょう!

 

ではでは。

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ