そんなことはAmazonにだって分からない!

■問題

今、この状況下で、
Amazonに出品したら高確率で
垢バンで即死しちゃう商品ってなーんだ?

これに即答出来なかったら結構やばいです。
絶対にこれ系は扱ったらダメですよ。

⇒レポートのダウンロードはこちらをクリック

 

ーーー

 

先日から始まったこれ↓ですが、
いい感じに登録が集中していますね。

⇒メルカリでもガッツリ稼ぐための案件(終了しました。)

 

超勉強熱心な方が多い。。。さすがです!

 

 

一応、付け加えておきますが、
「Amazonは規制や規約変更でもうダメだ。
だからメルカリ始めようぜ!イエイ!!」
ってことを言いたいんじゃないですよ。勿論。

 

メルカリなら規制も規約変更も無い?

いやいや、そんなこと有り得ないですから。

 

ただ、Amazon以外に、
メルカリとかも販路に加えた方が
リスク分散にもなるし、安心だってことは、
間違いなく、言えることだと思うんです。

(ebayを取り入れるとかもテですね。)

 

 

今後、Amazonはどんな規約変更をするのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

それって、たぶん、
当のAmazonにだって分かりません。

個人からの新品仕入れNG然り。
Amazonからの仕入れ(刈り取り)NG然り。

 

 

たとえば、「ミュージックカテゴリ」。

 

CDなどのミュージックカテゴリへの出品を
今、一部のセラーが出品できてないのも、

・海賊盤やブートものを出品する輩が頻出した
・中古CDにシュリンクを後付して、
新品として出品するたわけ者が頻出した

っていうことが大きな要因と言われてます。

 

よっぽど、クレームが殺到したんでしょうね。
予告無くバッサリ出品機制をかけてきたのはまだ記憶に新しい。

 

こういう輩が表れることを
あらかじめAmazonが充分に予想出来てたら、
最初から、誰かれ構わず個人のCD出品なんて許可しませんよね?

 

究極言ってしまえば、
Amazon規約の変更なんてのは
エンドユーザー(購入者)が決めること。

購入者からのクレームが多かったら、
そりゃあAmazonも何かしら手を打ちます。
あちらも客商売なんですからね。

しかし規約変更のキーマン、購入者だって
別に最初から「クレームを付けよう」と思って
Amazonで買い物をしてるわけがない。

 

 

・・・つまり?

 

うん。

 

今後、Amazonの規約がどうなるか?
具体的なところまでは誰にも分からない。
ってことになります。

 

 

ただ、

「どんな規約改定が起こってもおかしくない」
「今後、Amazonは、昔よりやりにくくなる」

この2つは間違いないと言えそうです。

 

そして冒頭にも書きましたが、
メルカリなら、こういう規約変更が起こらない
なんて言う気はさらさらありません。

既存のプラットフォームを利用している以上、
どこを使っても一定数のリスクはあるので。

 

だからこそ・・・

 

「リスク分散しないで大丈夫なの?」
って言ってるんですよ。

 

 

♪何が起こっても変じゃない
そんな時代さ
(出典:ミスチル)

 

・・・覚悟はできてますか?

 

Amazonで販売出来なくなったら
せどり止めますか?
それ、悲し過ぎませんか?

 

 

ということで。

・ゼロからリサーチ作業とかしんど過ぎる
・メルカリも始めたいけど出品作業が面倒
・検品、梱包、発送とか無理。時間が足りない
・メルカリにもFBA的な機能があればな・・・
・Amazonの規約変更に振り回されたくない
・プラットフォームに依存するのもう嫌・・・
・どうせやるならライバル0で独占販売したい
・つーかさ・・・資金がマジでないんだけど

って、あなたが1ミリでも思っているなら、
目を通しておいて損はないと思いますよ。

⇒メルカリでもガッツリ稼ぐための案件(終了しました。)

 

ではではー。

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ