これが実は、店舗の良し悪しのチェックにいちばん使えるかもです

中古せどりである程度稼げるようになったら
新品も取り入れるようにして時給UP!

これはしょっちゅう言っていることですが、
そんな中でも、この店舗での仕入れはおすすめです。

ヤマダ電機やケーズデンキでは手間のかかる
レジ落ち商品の見つけ方を
一発で解決してくれる方法もありますしね。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

ーーー

 

ラッタです。

 

まず、1つ苦言を。

 

「質問なりで問い合わせして
それに返信があったら礼くらい言えよ。

お前、大人だろ?違げぇの?乳幼児か?」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

そう言いたくなる読者さんが、
100人に2人くらいだけどいます。

(返信から2週間くらい経ってる人ね。
さすがに昨日の今日で返せとは言ってない)

 

これが、僕のスタエフのコメントとかなら、
コメントがないのが普通だと思ってるので、
別にいいんですが、

それは「遊びの範囲」だから。

 

 

「ビジネスとしてせどりを」
って意識を持って取り組むべき人が、

ビジネスメールに返信もらって既読スルーとか
相当終わってます。仕事ナメてんの?と
恥ずかしいと思った方がいい。

はっきり言って、
その姿勢の時点で「稼げないやつ確定」です。
僕が何百人も見てきた経験上。

 

 

このままじゃ、
どの情報発信者からも相手してもらえなくなりますよ?

 

そうなられるのは、

僕のメルマガを読んでもらってるのに、
やだなって気持ちがちょっとあるんすよ。
「僕に対してお礼がないから」って話しじゃなくって。

なので、あえて苦言から入らせてもらいました。

 

(まあこの程度の苦言でへそ曲げちゃうようなお子様は
僕の読者にはいらないので、

このメルマガの最下部までスクロールして
さっさと解除していってくださいどうぞ)

 

 

僕はメルマガ読者様のことを
「お客さん」だとは思ってません。

読者様はあくまで「仲間」です。

 

それだけに・・・彼らの将来を考えると、、

 

マジで気をつけなよー。

 

ーーー

 

さて。

 

今日も昨日に引き続き、
「いい店舗と悪い店舗の話」をば。

仕入れのついでに、これをする癖を付けた方が効率的です。

 

・ブックオフはFC店(フランチャイズ店)の方が直営店舗の方が利益商品を見つけやすい

・ちゃんと店員の山びこ挨拶があるとか、
商品を丁寧に扱っている店舗の方が利益商品を見つけやすい
(従業員教育が行き届いてる店舗の方がいい)

・商品のところてんが頻繁に起こっている店舗の方が利益商品を見つけやすい
(商品の回転がいい=頻繁に買取で新規商品が入ってくる)

こんな話しをしました。

 

 

で、今日の
「いいブックオフと
悪いブックオフの見分け方」は

ちょっとコストのかかる方法で、
できる人とできない人がいるかもですが・・・

 

せどり歴が長い人ならノーコスト(プラスα)でできます。

 

 

せどりって仕入れたものが
全て思いどおりに売れるわけがありません。

行動すればするほど、
仕入れれば仕入れるほど、
不良在庫ってどうしても出てきます。

(これは絶対に仕方のないこと。
不良在庫を一切出さずにやってる人が万一いるとしたら、
ちゃんとやってない人だけです)

 

で、その不良在庫をどうするか?なんですが、

僕はブックオフにご返杯します。

普通に「お客さんとして」
ブックオフでモノを買い取ってもらうわけですね。

 

このときの買取査定額が高い店舗の方が、
利益を取れる商品が多いです。

買取査定額は、本当に店舗によってまちまち。

 

同じ商品だとしても
「A店では300円で買い取ってもらえたのに、
B店では5円だった」とか普通にあります。

(FC以外に直営店舗どうしでも驚くほど差がある)

 

 

また、買取査定後に渡される
レシートを観察するのもおすすめ。

買い取ってもらった全ての商品が、
すべて「30円」とか一律の金額になっている店舗は微妙なことが多い。

 

逆に、買取商品の1点1点に
個別の金額が設定されているお店はおいしいところが多いです。

 

 

もしあなたが、タイミングのいいことに
「不良在庫FBAなう」な状態でしたら、
一度返送&ためしてみてください。

 

これが実は、
店舗の良し悪しのチェックにいちばん使えるかもです。

 

ご参考までにー!

 

 

■おすすめせどり無料レポート

ここが「甘い」。

それだけで、
売れるはずだったものが売れなかったり、
限界まで値下げしなきゃいけなくなったり、
もったいない人をたくさん見てきました。

こんな作業、何分かしかかからないんだから
手を抜かずにやった方がいいですね。

→ 無料レポートの詳細はこちら

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ