ガラスを引っ掻く音を人間が嫌がる理由

僕はアフィリエイトかじっていたり、
裏方でライター業とかもやっているので
このリサーチ法はデフォルトで活用してます。

でも、そうかなるほど。
たしかにせどりでも有効ですね。これ。

せどらーさんは
ここまでやってない人、多いんじゃないかなぁ。

→ 無料レポートの詳細はこちらから

 

ーーー

 

ガラスを引っ掻いたとき、
すごくイヤな音がしますよね。

あとは黒板を引っ掻く音もしんどい。

 

僕はけっこう耳が良い方らしくて、
音楽をやってた時期は助かったんですけど
そのせいで小学校の頃とか地獄でした。

チョークと黒板が擦れる音とかも
けっこう敏感に拾ってしまうから
1時期は黒板見るだけでゾワッとしたりしてた。笑

 

ところで、あの音って、
なんであんなに不快に聴こえるか
あなたは知ってますか?

 

 

大昔、

僕たち人間の祖先が
まだおサルさん状態だった頃。

 

原始時代なんですから
周りにはいろんな危険が潜んでます。

自分らを捕食してしまうような
「天敵」に遭遇することもあります。

 

そういうピンチに遭遇したときに、

「こっちヤベーことになってるぞ!」と
自分の身の危険を仲間に知らせる為に
使っていた鳴き声の出し方があったそうです。

ゾクゾクと戦慄するような周波数の。

その声の出し方が、周波数的に、
ガラスや黒板を引っ掻いたときの
音と似てるんだそうです。

 

 

あの音を聴いてイヤな感じを覚えるのは、
人間が生き延びるために備わった
防衛本能だったんですね。

(ちなみに蛇とかの爬虫類を見たときに
ゾクッとする人が多いのも哺乳類の本能です。
まあ、、あいつらもともと恐竜だもんね)

 

 

心理学の世界では、
人間の根底にある感情っていうのは
「恐怖心」であると言われています。

もっと言うと、人間を含む
全ての生き物が持つ最も原始的な感情が、
「恐怖心」。

 

よくよく考えたら、そりゃそうですよね?

 

僕らのご先祖が生活していた時代には、
ガスも水道も電気もありませんでした。
車もコンビニもスーパーも当然ない。

当時の人間は、
他の動物と同じように狩りとか採集をして
自力で食べ物をゲットしなければ死んでしまう訳です。

 

また、自分らより強い動物に
命を奪われる危険だってあります。

迂闊に行動してたら、
あっという間に捕まえられて
ムシャムシャ食われちゃう訳ですから慎重です。

 

さらに、
科学も医学もない時代なんだから、

雷とか地震とかの災害や、
ちょっとした風邪をひいたときさえも

神様の祟りとか霊的な何かとか、
「得体の知れない何か」として恐怖するしかなかったんです。

 

 

こんなふうに、本来、
「何かを怖い」と思う感情は、
僕たちが命を守る為になくてはならない本能な訳です。

 

だけど、現代では、
その恐怖心が僕たちにとっては
けっこう邪魔者だったりしますよね?

 

僕ら流に言えば

「これ仕入れて売れなかったらどうしよう?」

とか、まさにそれじゃないでしょうか。

 

1つの商品の前でウンウン唸りながら、
スマホ見て商品見て、またスマホ見て・・

こういう場面って、
けっこう時間がもったいないです。

 

もちろん、
片っ端からモノレートすら見ないで
価格差だけでドカドカとカゴに放り込んだり

慎重じゃなさすぎるのは問題だけど、

「不良在庫起こすのが怖い」の
気持ちが強すぎて立ち尽くしてる時間で
他の商品を何個リサーチできるの?と。

 

それに、
500円で仕入れた商品が売れなくって
そしたら死ぬの?とも思います。

1日1円ずつ節約していって
あとは吉野家に行ったときに何回か
たまごを付けるのを我慢すればいいだけ。

それで1年も経てば
余裕でなかったことにできてます。

 

僕だったら、
「売れるかどうか微妙」な商品を見つけたら

仕入れ値500円以下だったら
とりあえず仕入れることが多いです。

ただし、その分、
「確実に早く500円以上で売れる」
商品と抱き合わせてカゴに入れますが。。

 

 

そうやって、
どんどん在庫を積み上げていく中では、

もちろん、最後まで売れなくって
ブックオフにご返杯した商品もあるし
FBAから返送せずに破棄した商品もあります。

 

僕だって不良在庫出しまくってますよ。

でも、今こうやって
メルマガとか書いてるんだから
結果的にそれで稼ぐことに成功してるわけです。

 

 

というか、僕の周りのせどらーで
不良在庫が出てない人なんていません。
稼げる人ほど不良在庫も出してます。

 

結局そういうことです。

 

 

「恐怖心」は
僕たちにとって大事な感情です。

これがなければ、
「アイキャンフライ」とビルの屋上からダイブするかも知れないし

ヒクマが出ても逃げずに素手で立ち向かったりするでしょう。

 

だけど、今は原始時代じゃありません。
今の日本で、普段生活していて
食べ物にありつけなかったり
敵の動物に食われたりで命を落とすリスクは極めて少ないです。

ましてや、
せどりでちょっと失敗したくらいでは
死のうと思っても死ねないでしょう。

 

 

仕入れて売れない危険があるなら、
その分を回収する対策を立ててさっさと仕入れる。

仕入れないなら仕入れないで、
「仕入れない!」とさっさと決める。

そうやって活動していった方が
絶対に大きく稼げるようになりますよ。

 

ではっ

 

 

■おすすめ無料レポート

この仕入れサイト全然知らなかった!
なるほど、けっこう簡単に利益が出せそうですね。

ただし、仕入れ単価も基本高いので、
さすがにこれを仕入れるときは
(無駄な恐怖心はいらないとしても)慎重にはなりましょう。

→ 無料レポートの詳細はこちらから

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ