前回書いた記事の補足ですが、、、

 

ええと、
僕はせどりとか転売って稼ぎ方を
否定してるとかじゃ全然ないですよ。

たぶん大丈夫だと思いますが念のため。汗

 

一部の、品性の欠片もない馬鹿たれのせいで、

今、
世間の「転売」に対するイメージは悪いです。
これは紛れもない事実。

 

でも、転売行為そのものが「悪」かといえば、
前回お伝えしたとおりです。

 

 

僕がメインで実践しているCDせどりも、
転売行為に他ならないですけど、
僕はこの稼ぎ方が、悪だとは全く思わない。

こんなふうに、

スクリーンショット 2017-01-13 03.30.46

 

 

 

 

 

たくさんのお客さんから感謝されながら
僕は「せどり」って手段でお金を稼いでます。

 

 

っていうか、そもそも、
それを言ったらブックオフだって
転売で儲けてるお店なわけじゃないですか。

人の不要品を買い取って、店舗に置いたり、
Amazonやヤフオクに出品しているんだから。

 

でもそれによって助かる人がいるんでしょ?

・不要品を処分する代わりにお金を得られる人
・ブックオフで売ってた商品を購入できる人

って具合に。
だからブックオフはあの商売が成り立ってる。

 

上記のブックオフがいい例だと思いますが、
何かを販売することによって喜ぶ人がいるなら
そのビジネスは”健全な”ビジネスと呼べます。

僕たちがやってる中古せどりも、
もちろんその種類に当てはまります。

 

 

ですが・・・
これまた前回チラッと書きましたが、

「買い占め転売」とか、
「大量予約転売」とか、

そういう稼ぎ方しかしらない人は、
今度、どんどん稼げなくなっていくと思う。

 

理由はカンタンです。

「それをやっても誰も喜ばないから」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

これは僕が正義感ふりかざして、
机上の空論でそれっぽいことを言ってるとか
そういうんじゃないことは、

去年の、
新品家電、アパレルブランド転売に対する
Amazonの規制ラッシュが行われた事実が
証明していますね。

 

プラットフォーム(Amazonマケプレ)
⇒定価を遥かに越える価格で
商品を売りつける劣悪な販売サイト

家電やアパレルなど各メーカー
⇒定価を遥かに越える価格でモノが
売買されることに何の対策も打たない体たらく

転売屋
⇒悪の権化・・・。汗

 

消費者がある商品やメーカー、販売店に対して
こういうイメージを持ってしまうことで
得をする人なんて誰もいない。

そうすると、転売プレイヤーも、
結局は稼げなくなります。

 

放っておけば企業イメージが下がるんだから
Amazonが規制を設けるのは必然ですから。

そして2017年、この流れは
どんどん加速すると思います。

 

 

ビジネスの入門として
「せどり」を奨める人は多いです。
(もちろん僕もその1人)

理由は、”最も楽に早く稼げるようになる”
っていうのと同時に
”ビジネスの本質を学ぶことができるから”

 

じゃあビジネスの本質って何なのかというと、
「お客さんに価値を提供し喜ばせること」
です。

 

あなたが実践してるジャンルや稼ぎ方。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
その手法によって生み出される”価値”は何?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この問いに即答できない人はマズい。
今後、淘汰される可能性があります。
(世間がそれを歓迎してないってことだから)

 

 

お互い、ちゃんとした、
”健全な”ビジネスをやっていきたいですね。

後ろ指差され、忌み嫌われ、やがて淘汰され、
稼げなくなってしまわないためにも。

 

 

PS.

CDをはじめとする「ミュージックカテゴリ」も
依然として一部出品者を規制したままですね。
いいかげん、Amazon側には
規制解除の方法など明示して欲しいものです・・・。

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ