以前、僕の高校時代の友人が
お金に相当困っている状況だいうことで
直々にCDせどりを教えたことがあります。

 

彼の仕事は早朝から夜に及ぶまでの
長時間拘束を余儀なくされるような技術職で
そのくせ給料はかなりの低賃金。

(彼自身はその分野での開業を計画してるため
「今は修行中の身だから」と、
辞めたいとかはさらさらなかったようですが。)

 

独り身だったなら、
低賃金の仕事でも上手くやりくりすれば
食っていくくらいは、出来るのでしょうけど

彼の場合は奥さんと娘、
さらに奥さんのお腹の中にはもう一人赤ちゃんが・・・
という立派な所帯持ちだったんですね。

 

本業の給料だけでやってくことは厳しく、
仕事が終わり次第、近所のコンビニで
深夜アルバイトすることで収入の嵩増しを図っていました。

たぶん睡眠時間は取れて3時間くらい。
寝ている時間以外は働きっぱなしです。
そして24時間ずっと起きてるなんて日もしばしば。

 

 

・・・そんな毎日を繰り返す中。

 

彼が、本業での長い労働を終え、
見るからに体調が悪そうな様子のまま
コンビニバイトへ行く準備をしていたとき。

 

「あれ~?おかしいな~・・・」

 

バイト先で着る制服が、いつもの場所にない。
部屋のどこを探しても見つからない・・・。

 

彼が当惑していると、
3歳になる彼の娘が、
彼の制服を着た格好でヒョコッと現れました。

3歳の女の子が大人の服を着ているもんだから
笑えるくらいブカブカだったそうな。

 

そして彼のコンビニバイトの服を着たまま、
その子は彼に、こう告げたとのことです。

「おとうさん今日はおうちで休んでていいよ。
おとうさんの代わりにあたしがお仕事してきてあげる」

 

・・・。

 

僕と彼とでご飯を食べてるとき、
深夜過ぎの、客が少なく静かなファミレスで、
固くて噛み切れないステーキを頬張りながら

「まだ小さい、3歳の娘にこんなにも
気を使わせちゃうなんて、情けないね・・・」

そう言い、切なげに笑った彼の表情を今でも覚えてます。

 

 

僕が彼に「CDせどり」を教えはじめたのも、
ちょうど、この時期になります。

 

上に書いたような大変な毎日を、
文字通り、身を削りながら過ごしていた彼。
3歳の娘に心配されてしまうほどに
ボロボロで不健康になってしまっていた彼。

 

・・・その後彼がどうなったか?というと、

 

 

今は、コンビニでバイトをやっていません。
せどりで稼げるようになったので辞めました。

また、本業も上手くいっているようで
今年中には、独立開業が出来そうとのこと。

 

マジで良かった。

 

 

彼の凄いところは、
本業の長時間労働で疲労困憊になりながらも
その後のアルバイトでボロボロになりながらも

 

たまの休みの殆どを仕入れの時間に費やして
1日3時間だった睡眠時間を更に削り、出品作業に充てて、

ちょっと空いた時間があれば僕に質問し、
またちょっと空いた時間を使って、
成果報告などフィードバックを僕に返し・・・

それを「やり切った」ことにあると思います。

 

今ではネット副業に味をしめて、
また、以前より時間的余裕が出来たので、

彼は今度は”長期的な安定”を目的として
トレンドアフィリに取り組んでいます。
サイトが資産として完成すれば放ったらかしで収入が発生します。
・・・まあこれも僕が教えてるんですけど。笑

(あ。ちなみに、当たり前ですが、
せどり教えるときも、アフィリ教えるときも
彼からしっかりお金は貰っていますよ。)

 

彼みたいな人は、結局、
せどりでも輸入でも輸出でもアフィリでも、
何やっても稼げるんですよね。

だって、やれば稼げることやってるんだから。
もちろん「正しいやり方で」やった場合ですが。

反対に、何やっても稼げない人は
やれば稼げることやってないだけとも言えますね。

 

「やれば稼げる」「やらなきゃ稼げない」
彼は”やる側”を選んだので稼げるようになった。

あなたの場合はどうでしょう?

 

 

いやー、しかし。。。

ここ最近もらった報告の中で、一番嬉しい報告だったなー。
「本当に助かった。ありがとう!」だってさ。

いい気分で4月を迎えることが出来そうです。

 

2017年、1/4を消化してしまいましたが、
残る3/4も、張り切って参りましょう!

ではではー。

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ