ビーム(バーコードリーダー)が無いから、せどりが出来ない。

どーも、ラッタです。

 

「ビーム使わないんですか?」

以前、店舗仕入れ同行したとき、
コンサルしてた方に驚かれたことがあります。

 

店舗仕入れの必須アイテム、
バーコードリーダー。

それを一切使わない僕を見て
彼は軽くカルチャーショックを受けたそうです。

 

僕がせどりを始めた頃・・・
2013年の終わり頃って、
すでにビームせどりが定番になってました。

ブックオフに行けば、
小型のバーコードリーダー片手に
お店の中をうろうろするせどらーが散見されました。

 

今のブックオフせどりのノウハウって、
当時から大きく変わっていません。

その頃から、
僕はビームを使っていなくて

「スマホカメラ読み込み」とか
「スマホを手打ちしての検索」とか、
当時としても原始的な方法でリサーチしてたわけです。

 

 

僕がバーコードリーダーを
使わなかった理由は単純明快。

そんなもの買うお金がなかったからです。笑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ビームを買うお金がないから、
ビームを使わないで仕入れをしてただけ。

 

結果、そのリサーチ方法に慣れてしまって、
仕入れに行くときはスマホオンリーでやってます。

(稼げるようになってから
バーコードリーダー買いましたが、

手打ちしたいときとか持ち替えるのが面倒で
イヤになって友達にあげちゃいました笑)

 

 

なんで、こんな話をしたかというと、、、

「私は◯◯がないから、せどり出来ない」
ってことを言う人が多いなー、と最近思ったから。

 

「私は資金がないから、せどり出来ない」
⇒ベタに自己アフィリで資金作れませんか?
⇒中古せどりなら数10円から仕入れ出来ます

 

「私は時間がないから、せどり出来ない」
⇒削れない時間は本当にないですか?
⇒一度、自分がどういう1日を過ごしてるか
紙に書き出して、確認してみましょう

 

「出品権利がないから、CDせどり出来ない」
⇒本せどりなど、出品出来るものをやりましょう
⇒または、メルカリを販路にすれば良くないですか?

 

 

・・・とか書くと、

「何事もポジティブに考えましょう!」
ってお話だと思われるかもしれませんが

それとはちょっとニュアンスが違う。

ポジティブにってよりも、なんつーか、
「もうちょっと自由に考えましょうよ」
ということが、言いたいわけです。

うん。「自由に」って表現の方がしっくりくる。

 

 

僕がせどりを始めた頃、
「ビームがないと、せどりでは超不利」
みたいなことが其処此処で言われてました。

だけど、僕は稼げましたし、
現状として稼ぎ続けられてます。

「〜がない」に注目するんじゃなくて、
「じゃあ、何だったら出来るんだろう?」
ってことを考えて動いたからです。

 

「私は◯◯がないから、出来ない」って人は
”不自由”なんですよね。考え方が。

「火が熱いから心頭滅却出来ない」
と言ってるようなものです。

 

「心頭滅却すれば火もまた涼し」
と、最初に言った人は、
自由な考え方が出来る人だったんだと思います。

「火が熱い」とどれだけ言ったって、
火は熱いままだし消えもしません。

でも、「心頭滅却すること」なら出来る。
彼はそう思ったのではないでしょうか?

 

 

僕は、ビームも資金も時間もないけど、
”出来ること”だけに注目して、
その結果、お金を稼げるようになりました。

今から全てを失っても、
それでも”出来ること”を何とか探し出して
当時と同じように再起出来る自信があります。

 

「あなたが”出来ること”は何ですか?」

”自由に”考えてみると良いかもしれないですね。

 

ではではー。

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ