わりと頻繁に僕が主張してることの一つに、
「中古せどりである程度稼いだら次に行こう」
っていうのがあります。

 

本とかCDとかDVDに代表される中古せどりは
仕入れ資金が安く売値がそこそこなので
かなり高い利益率を叩き出すことが出来ます。

かつての僕がそうだったように、
資金がほとんど無い中でせどりを始める人は
絶対に中古からスタートした方が良いです。
お財布的にも精神衛生上にもね。

 

だけれども、

中古の商材は利益率が高い反面、
仕入れやクリーニングや出品作業に
それなりに時間をかけなければなりません。

しかも、扱う商品点数が多くなればなるほど、
労働時間も綺麗に比例して、増えていくじゃないですか。

 

そうすると、どこかで、”必ず”、
稼げる金額が頭打ちになります。
(体力的にも時間的にも限界があるので。)

 

 

せどりもそうだし、
ビジネス全般においてそうだと思うけど

 

より多くのお金を稼ぐためには何よりも、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「時給を上げること」を意識しなきゃダメ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

・たとえば中古せどりで得た収益を使って
単価の高くてスピーディーに出品できるような
商品を扱うようにするとか、

・たとえば中古せどりで得た知識を使って
メルマガなどの情報発信をするとか・・・

(この2択だったら簡単さで言えば前者かな)

 

いずれにしても、中古せどりでの時給って、
どこかで絶対に頭打ちになる日が来ます。

 

 

「中古せどりである程度稼いだら次に行こう」
っていうのは、

それをやらないといつまで経っても
労働作業から抜け出すことが出来ないし、
楽して稼ぐなんて夢のまた夢になっちゃう。
だからそうした方が賢明だっていうことです。

 

この辺のバランス感覚を養うことは、
せどりで稼いでいく上で欠かせないものでしょうね。

 

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ