「お前にとっての
CDせどりの仕入れ基準をメルマガに書け」

そう、神様に言われる夢をみました。

 

「さもないと、松屋に行ったとき、
お前だけ常に味噌汁出てこないようにしてやる」

とも言われました。

 

「さもないと、電車とか乗るとき
お前だけ常に端っこの席に座れないようにしてやる」

とも言われました。

(なんてコスイ神様なんだ。)

 

 

実際、メルマガやブログ読者の方から

「CDせどりの仕入れ基準って
だいたいどんな感じですか?」的な
質問をけっこう頻繁に頂くんですね。

 

っていうのもあって、
今日は僕の”CDの仕入れ基準”について
サクッとお話ししようと思います。

個人的に、一番書いてて気分が乗らない、
事務事務した内容の記事。笑

良くも悪くも無個性で無味無臭な
その辺にいるせどらーが書きそうな記事。
エンタメ感は皆無!悪しからずです。。。

 

ーーー

 

はい。じゃあ書いていきます。

 

一般的にCDせどりの世界で
常識みたいに言われてることの1つに、

・「ミュージックカテゴリは
Amazonランキング30万位までなら仕入れよう!」
みたいな論調があります。

・「モノレートのグラフが
頻繁に跳ねてたら!(ひと月10回以上)」

・「ライバルの数が9人以内だったら!」

みたいなこともよく言われてますよね?

 

うん。

僕も、
「30万位以内」とか
「モノレートの波形云々」とか
「ライバル数云々」とか

そういうことをよく言ってます。
僕自身、基本的に上記のが仕入れ基準。
それ自体は間違っちゃいない。

 

間違っちゃいないですけど、

「じゃあランキングが30万位より悪かったら
仕入れるのはヤメておくか?」っていうと
別にそんなことはないんですよ。

たとえば、このCD。

僕はこれ、Amazonランキングが
40万位とかのときに仕入れました。
仕入れ値は750円。

で、当時の価格で
6000円くらいで売ったのかな?たしか。

 

ランキング40万位だったら、
普通ならスルーしちゃうと思うんです。

 

でも僕は、迷わず仕入れたんですね。
「必ず売れる確信」があったので。

 

 

ランキングとかモノレートの波形も
確かに、凄く大事な見るべきポイント。

 

でも、
僕がそれ以上に僕が重要視するのは、

「必ず売れると確信できるか?」です。

 

ロングテール商品がいつ売れるか?
ってのは、僕はそこまで気にしません。

「必ず売れるか?」だけが問題点。
(利益率が高いのは当たり前として。)

 

僕のせどりって仕入れ単価が安いし、
長期間売れないからって別に困らない。

 

おまけに中古のロングテールって、
価格競争とか滅多にならないんですよ。

「ランキングが悪い」ってだけで
仕入れを見送る人ばかりだし、
そもそもライバルなんて殆どいないから。

 

 

もちろん、回転が悪い商品を仕入れるなら
高回転の商品と合わせて仕入れるのが必須ですよ?

どんなに利益率が高くても
仕入れるものが全部、
ランキング50万位オーバーとか論外です。

そこはバランス!

 

だけど・・・

ロングテール商品を仕入れるなら
回転の良い商品を一緒に買えばいいだけ。
って話しですからね。

 

 

そういや以前、

「僕はココを見て、
必ず売れそうかどうか判断してます」
って内容のレポート書いたことあります。

まだ読んだことがなければご一読下さい。
一応、洋楽仕入れについて書きましたが、
CDに関わらずせどり全般
オールジャンルに対応できるものです。

あれがああなってたら
”必ず売れる”と思ってオッケー。

⇒ 以前僕が書いたレポート

 

 

・・・あ。

 

ここまでワーッと書いて、
肝心なこと書くの忘れてるのに気づいた。

「いくらで仕入れていくらで売るか?」

全部FBA大口販売が前提として
これはもう、4行で済ませますね。

 

せーの!

・108円仕入れ⇒最低でも980円
・280円仕入れ⇒最低でも1280円
・500円仕入れ⇒最低でも1580円
・それ以上の仕入れ値⇒3~4倍の売り値

 

 

はい。

サクッと話してみました。
ご参考になりましたらです。
また何かご質問あればお気軽に。

 

ではではー。

いつも応援ありがとうございます。
あなたの1クリックに支えられています。


せどり ブログランキングへ